スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

厚い当たりとガットが切れる!

「当たり厚くなりましたね!」
「そうですかぁ?まだあまり上手くいかなくて」
「いや、ボールを捉える感じが強くなりましたよ!」
「だと良いんですけどね、テニスって難しい、でも楽しいんですよね...♪*゚」
数分後に
【パチーン】(良い音)!

預言者?加藤コーチの予想が的中したのだ。

(`・ω・´)ドャッ


「こんなに、勢いよく切れたの初めてかも知れないです!」と一言。

そうです、最近、ピンポイントラリーの天才、下川コーチとラリーを繰り返すことが多く、感覚が洗練されていたことと、迅速丁寧、思いやりのある真剣なラリーをする飯島コーチのボールにガットが爽快な弾けた音を奏でたのです。
これはどのレベルのお客様にも求めることで【しっかりスイングする】事こそが上達への最短ルート!
球の質up → 上達の可能性が無限大
これは鉄板理論なのです。
ガットの切れる頻度に合わせてストリングを選ぶことが実は理にかなっていて、切れる感覚がないと伸びたガットにも気づかず、スイングが鈍くなります。
それに伴いラケット選びやグリップテープをまめに交換するのも大切です。
初めにしっかり投資をしておけば後々困りません。
→程よいラケット(evenbalanceかややtoplightが望ましい)
→27inch (つまり大人用ラケット)
→テニスシューズ (特に通常のものは前後に止まりやすく、横滑りには滅法弱い/テニス用は横に止まります) ※目安はラリーが10回程度できるようになったら変えた方が良いです ※特にJSクラス、Bクラス以上は必須です
たった週に1回の習い事でもきちんとしたものであればテニスが上手くなるばかりか運動能力の向上は勿論、怪我予防、危機回避能力upにもつながります。
良い教材を使うと勉強が捗るのと同じですね!
そして、コーチの能力もしっかり出し惜しみなく発揮差し上げたいと思います!

今日も、終始テニスに熱い皆様と時間を共有できたことに感謝!
GW折り返し手前! より素敵な後半戦になりますように! GW中もスクールは休まず営業しております!

保護者の皆様いつもありがとうございます!

土日は特に新浦安から本八幡の方からもお越し頂きありがとうございます。
駐車場無料なのはかなり施設としては素晴らしいとおもいますが、貴重なお休みにお子様を連れてきて頂き感謝感激です。
スタッフ一同、イエローボールでしっかりラリーができ、試合ができるように、またそれぞれの目標にあわせてSTEPアップ差し上げたいと思います。
本日は教え子の1人が関東ジュニアの大会で準優勝を果たしました。 おめでとうございます!
当校の特徴はスタッフが一丸となってそれぞれのチームワークで育成をしています。
育成と言うとお固くなりますが楽しくテニスを続けたとしても、真剣に何かの大会に優勝したい、ついにはプロで活躍したいなどそれぞれの想いがあると思いますが、コートの大きさはおなじ、サーブを打って、レシーブしてラリーをして思ったようにポイントを取る点においては、またそれぞれの技術の達成度を高める事は皆同じ目的を共有します。
テニスを習いに来ていただいているのですから【テニスの楽しさ】を伝える使命があります。
そしてテニスは心臓病にも良いと昨年オックスフォード大学の研究論文でも明らかになりました。
まさに生涯スポーツ!例え週に1度だとしても続けることで色んな副産物がついてきます。 運動会シーズン到来できくのが【リレー選抜に選ばれた】【50米測定したら早くなってた】と言うお話。
テニスは瞬発力も鍛えるので実は反応や一度に出すエネルギーが大きくなります。
ストップ&ダッシュの繰り返しで骨を刺激して骨密度もあがります。 筋肉も鍛えられるため代謝も良くなります。 【肩こり】【頭痛】【睡眠不足】様々な症状の改善で始めたテニスが楽しくなり没頭、熱中しているうちに改善、緩和されたと言う話は少なくありません(n'∀')η

最近はテニスが好きになり自分で取り組むようになってきたので、これをキッカケにしっかり取り組んで欲しい!または試合で勝ちたいと言うご意見をお伺いします。さらには好きなことに取り組んで本人に人として大きく成長してもらいたい!と言うものです。
そこでよくお話するのがこのお話です。
【10000時間の法則】です
→何かを極めようと思うなら1万時間そのことに費やすとものになると言う科学的な裏付けがあります。

先ず、この時間をどのように費やしていくか?と言う点を考えて頂くようにします。
プロフェッショナルになるための総時間です。

グリーンテニスプラザ首都圏オープン春季大会2018 U-18 (グレード4C)

当校所属の選手が準優勝しました!
おめでとうございます!

一生ものの思ひ出と経験と未来の活躍!

乙女の涙×②から1週間、平成の子の良さは【うじうじしない!】【涙を力に変える!】、それぞれの目的が明確になったのでしょう。
これは素晴らしい能力だと思います。
過去には戻れないから【未来をどうするか?】これが1番大切です。
前回叱られたとしても次に頑張ればいい訳ですし、ゆるやかでも【右肩上がり】なら問題なし、小さな積み重ねが大切です。
あ、乙女の涙の子達は叱られたことありませんよ、笑
男の子が多いだけです。
17年7つの別系列のスクールを見てくると種々多様ですが大きな3つのステップに別れます。
第1STEP →まずコーチの言うことを聞いてテニスをした風に振る舞います (学校でクラス替えがあってすぐのようなイメージ)
第2STEP →【自分を出し】始めます ここでは善悪の区別なく、【自分はこんなタイプの個性を持ってます】と言う風に接してきます 特に男の子は謎の行動をして怒られる子もいれば、待ち時間に素振りをし始める子もいます 思うように行かず無造作にボールを打ってしまう子もいます しかしながら、ここで大切なのは【自分を出す】こと
本当の自分をアピールできれば良い部分だけを磨いていけば良いのです
テニスの技術は勿論ですがどんなスポーツでも初めは上手く行きません、でも繰り返し失敗をすることでものになってきます
感情表現や自己アピールはパーソナリティ活かすために人生において大切なことです
海外で学んだ多くは【対話すること】にあり一方通行な事象は【おしつけ】になります
学校教育からスポーツ教育まで一貫して【自分の意見をはっきり伝える・表現する】ことが欧米では当たり前に重要視されます

第3STEP →自分の目指すテニスに取り組む ※どんなショットを打ちたいのかるそこまで考えてなくてもテニスをすることが楽しい、次の取り組みはこうしたいな?今日あった出来事をコーチと話してくれたり皆で話したりもしています、しかし一つ違うのは【onとoff】がしっかりしている点にあります ボール拾いは早いし、自分の順番がくればすぐに入る、周りに思いやりがある
皆で【レッスンを作り上げている】 短編小説や短編ドラマのようですね 毎回積み重なっていくと1つの長編ができあがる
ちょうど半年経ってシーズン2にはいりました...♪*゚

本日は 朝一番のレッスンは14回コーチ前をおこないました! ※コーチは2人です、笑 それぞれのショットや組み立てができるためできる限りコー…

水曜日BCとシングルスレッスン

今日は【フラットサーブ】からのボレー【面の作り方】(動きをいれて)を練習しました。
フラットサーブは理屈がわかると簡単なのですが入れるを優先するとグリップが厚くなり他の球種が打てないばかりか、そもそもの握り方がおかしくなり後後に肘や腕に負担がかかってきます。
多くの愛好家の【テニス肘】【腱鞘炎】【ばね指】etc.....は確率重視の間違ったフォームからきています。
必要以上にスピードがでないのも体格や筋力さではなく【効率良く伝わっていない】からです。
本日の一見、異なるように見える2つのショットはじつは【面で捉えて押す】【無駄を省いて効率良くする】点で同じなのです。
勿論、一朝一夕では習得できませんが脳内では記憶が残ります。 よく、【気がついたらできてた】などと言われることがありますが、それは無意識下で考えてるためなんですよね。
実は表面的にあがってこないだけで整理されているのです。 だから頭で考えることも必要ですが色んなショットをわけるのではなく【成功体験】としてショットの組み合わせを1つの【テーマ】で結びつけることで引き出しを増やすことが大切なのです。
当たりの厚さが定着すればボールは次第に重くなり良いショットが増えます、そして良いポイントパターンが増えます。
余談になりますが脳は【怠ける、飽きやすい】性質を持っています。
ですから、同じショットの練習でも目的に応じて少しスパイスを加えてあげると意外な発見や上達がありますよ!
2本目は体力絶倫浅野コーチとシングルスレッスン! 170cmで最速175km/hの彼は決して大柄ではありませんが無駄のない運動連鎖は必見です。 彼のテークバックの【手のひら】に注目してください。 効率良くサーブを打てるヒントがありますょ!
そんなこんなで午後のショット別が始まりました!

テニスの客観的な上達方法

満面の笑みのSeiyaくんo(^o^)o
ガット切れました!
次のステップへGO!
上級者になると必ずガットが切れます。
逆に切れないのは素材が合ってないか厚く当てる能力が足りないかと言うことになります。
フラットでも切れます。 プロの選手はパフォーマンスを追求するためゲーム間で張り替えますが普通に切れます。
長い目で見た時に【切れる】スイングを身につけることが大切です。 切れないスイングは運動連鎖が上手くできていません。
気持ちの浮き沈みでコーチから見れば同じ調子でも本人は調子が良いとか悪いとか判断しがちですが、【ガットを切る】事は超絶客観的な上達材料です。
当校からプロを目指しているサービス最速205km/h下川コーチも小学生時代はこのパターンで張っていました。 まとめて4本切りとかもした事ありです。
切れる本数は当たりの厚さをあらわします。
ポリガットが主流になっていますが先ずはこのパターンから始めることをオススメします。
つまり、切れる→当たりが厚くなる→ポリガットにする、と言った順序の方が効率良く最大限にパワーをラケットに伝達することができるからです。
そして当校の【ウリ】は張れるスタッフがいたらすぐに張れることです。
切れた30分後には張り上がり、Seiyaくんも御満悦!
次のステップのガットはいつ切れるかな?
ソフトテニスではHarunaが超絶活躍中ー団体、個人とBEST16に残り次の大会に駒を進めました。 Akitakaくん以来の快挙です。
引き続き応援しています!

小さなことからコツコツと!
千里の道も一歩から!

市川浦安校、本日雨でもスクールは晴天なりっ!
ichiura → LINE

テニスの醍醐味

月曜日午前は絶賛募集中!ショット別クラスはストロークに特化していたのですが、さらに強化するためにボレーの厚い当たりの練習!
実はストローク、ボレーには共通点があります。
脳内ではフォアハンドやバックハンド、ストロークやボレーと区別しているわけではありません。
意識の上に自分であげているだけでストロークをすればサーブが良くなったり、ボレーを練習すればストロークが良くなるなど多々あります。
ストロークはインパクト後のラケットワーク、感覚に慣れてきたら足の使い方、ボレーの厚い当たりのトレーニングはストロークの厚い当たりにもつながります。
ジュニアや女性に先にフラットの当たりを大雑把に伝えるとグリップが厚くなるばかりで遂にはプロネーションが使えなくなります。
サーブでも大切なのはラケットワーク、打球直後のラケットヘッドの加速の方法です。
JPクラスでは先日の高い打点での決め球と本日は段階別でフラットサーブの正しいラケットワークをおこないました。
フラットサーブの正しいラケットワークができるとチョリちょりの回転サーブに厚みが増して威力があがります。

きちんと言葉にして伝えて頭で覚えると感覚が優位に立たないため、それとなくを毎回繰り返します。 ショット別のお客様もサーブ時のグリップが薄くなり、ストロークの足が今の使い方になってこられました。
小さなことをコツコツと! 世界のスタンダードでさり気なくレッスン差し上げています!
ichiura【LINE登録】
レッスンメニューのワンポイントは →【てにしんぐTV】YouTubeで閲覧できます

それでは、多くのテニスLOVEの皆様とお会いするのを楽しみにしています!

真剣が故の自己との闘い!

本日も熱いバトルが繰り広げられています!
→大人午前クラスは絶賛大募集中ー →幼稚園・保育園の子達も大募集!

最後のJPクラスは勝つ喜びも負ける悔しさも、少しの自分の気持ちの切り替えの甘さが命とりと言うのも体感している将来有望な年頃盛り!

溢れんばかりの気持ちをコントロールして本番さながらの悪戦苦闘、孤軍奮闘、試行錯誤の繰り返し。
ラケット投げたいくらい上手くいかない自分に腹を立てたり、思うプレーがたまにできると無意識下でガッツポーズを取ってみたり。
真剣がゆえに喜怒哀楽が一日千秋のように変化しています。
今日のメンバーが特に本人の気持ちのコントロール次第でなんとでもなりそうなレベルのためこのもがく姿がなんとも言えないくらい素晴らしく、美しく感じました。
何かを死にものぐるいで取り組むことは人生においてとっても大切なことだし、大好きなテニスだからこそ、嘘をつけない、この心の葛藤に彼らの将来の可能性と今コーチ達が何を考え、何をすべきなのか?を脳で感じざるを得ない1日でした。
テニスって本当に…素晴らしいo(^o^)o コーチで良かったぁ。

みなぎるPOWERと自己表現!

今日は朝のクラスでは【推進力】つまり、ストロークやボレー時のエネルギーを前に進める球出しをおこないました。
少しでも打点を前にすることは試合では不可欠です。
大坂なおみ、ならぬ東京〇〇さんの躍動感とPOWERに飯島コーチ共々圧倒されました。
ダブルスの醍醐味は2人で攻めてポイントを取ること。
エキサイティングな4人で練習しました。
イエローボールジュニア達は秘密の特訓?ラリーができるためのメソッドでサーブからのラリーをしっかりとできるように指導しました。
ここで大きな成長がありました。
どのクラスも10分前にきて自主練習ができるのですがJSクラス! いきなりきて「ラリーしたいんだけど良いかな?」と1人の選手。 (元々サーブを練習していたのですが、何故か自動的にそうなっていた) 「皆で決めて好きなようにして良いんだよ!」と伝えると、あらまぁー

クロスの半面のサービスからラリーを上手くローテーションしながら7人でまわしていました。
テニスは【超個人スポーツ】です。 だから、自己主張はしっかりした方が良いのです。 一方で他人を思いやらないのはNG、傍若無人とは意味合いが違います。
よくある部活のやってるふりとか、やらされている感とは違い、思いやりのある、自己に向けられた静かなる自立の現れだと感じました。
→思いやり →自分の意志を伝える →課題に向かって取り組む

これは結果を出している塾などを含む指導期間でもおこなわれている成功に必要な3大要因です。
皆の一体感に驚きと感動を覚えました。
自学・自成・自立
この子達の将来も楽しみです!
そして、どのクラスでも感じたこと
【球拾い】が速くいつも取り組めている子から順に成長幅が大きい点です。
長い間コーチをしていてずーっと感じていた事ですが、やはり、その通りだとより一層確信を深めました。
言葉は良くないですが、「この子あまり上手くないけど、球拾い頑張ってるなぁー」と思った子は初めラケットにボールすら当たらなかったのですが、半年経った今はラリーができます、大人のサービスラインからサーブを入れることができます。
一見、直接的ではないところを真剣に黙々とできる子の可能性は無限大です。
今日も皆にはそれを伝えました。
昨日の自分よりも今日の私! 今日の私よりも明日の俺(女子含)!

ヒューイットの直筆サイン入りウエアを頂きました。 平沢コーチありがとうございました。 少し勿体ないけど、カッコイイから…

テニスを制するものは人生をも制す

本日はスクールフル稼働!B・Cクラスではフォアハンドストロークを段階別に指導しました。
→テークバック →フォロースルー →インパクト それぞれを明確に意識できるメニューを実施しました

ボレーは【強く打つ】をテーマにスイングをさせるところから始めました。
実はボレーって1度スイングする感覚を身につけることから始めた方が厚い当たりを意識しやすいんです!

2コマ目のD・Eクラスはマンツーマンでしっかりラリーの中でアドバイス!
浅野コーチのスキルの高さが光りました。
ジュニア1は大盛況、牧野・浅野のハイテンションコンビの楽しさは年中さんから中学生まで鉄板の奥深さがあります。 終始盛り上がりをみせる楽しい60分でした。
【今年はイエローボールで試合をする】が目標の加藤J2クラスは生徒が主役っ! 仲良く話しながらもメリハリのある平成の子特有のON/OFFの切り替えの早い60分でした。
JSクラスは試合で( ・∀・) イイネ!と言えるプレーができるようにコーチが4回ラリーの相手をしつつも、半面は生徒同士でラリーとポイントをおこないました。
やるべき事をしっかりわかっているせいか?雑談混じりでも手が動く! 己の鍛錬に目を向ける彼らの姿には激しく感動、上手くいかないから相手に申し訳ないと、心から敬意の涙をながすシーンも見受けられました。
週の回数とか時間とか、上達には勿論、ガイドラインはありますが、頭でわかっていても心が反応してしまう、思いやりたくさんの仲間が切磋琢磨するクラスになったようです。
スポーツって【脳で反応するから】国とか年齢とか性別、技術や実力の有無を問わず【ボーダレス】人間味溢れる生き様があらゆる場面でドラマチックに起こります。
今日のタイトルをつけるとするなら、【乙女の涙~another STORY】サブタイトルは【スポーツが魅せる心のせめぎあい】!
と言ったところでしょう!
テニスの相談も技術や進路、ラケット、ガット、あらゆる角度から増えてまいりました☆彡.。

日進月歩、しっかりお役に立てるように日々精進したいとおもいます!
本日も素敵な学舎をありがとうございます!

火曜日、通う日、火がついた!

本日は朝からエキサイティング!ABクラスではフォアハンドストロークをじっくり段階別におこないました。
→テークバック →インパクト →フォロースルー →運動連鎖
プロでも試合の7割以上はフォアハンドストロークを使用します。
片手がメジャーなのでバランスを両手で取りやすいバックハンドと比べると非常に難しいショットです。
多くの人はスライス気味のあたりになったり、インパクト後にスイングが減速してしまいます。
①正しいスイングを会得すること ②それを体全体でおこなうこと
この2点が非常に難しい! 今日は【基礎に戻ってと】Dクラスのお客様にもご参加頂きました。 コーチが2人なので習得率も2倍以上! これまたアスリート魂のお客様に即発されて終始ラリーがいきかいました。
ジュニアでも安定のイエローボールからのレッスン! 【球質】に慣れることを究極の目的としています。
レッド、オレンジ、グリーンでラリーしているとボールが跳ねないため持ち上げようとすることからフォロースルーが上に行く癖がついてしまいます。 ※ボールを頻繁にかえることで少しは改善されますがやはりイエローが1番!
テンションMAX、面白さと真剣さを兼ね備えた浅野コーチの空間がコート狭しと賑やかに広がります!
J1クラスは幼稚園、保育園から受付中! ある程度、親元を離れてテニスを出来る子は意外と多い!
現在活躍中の市川浦安の園児プレーヤーは小学生にも劣らないプレーと態度で練習に勤しんでいます。
皆さんのテニスへの想いが大きく伝わります。
最後のJSはな、なんと、外でレッスンが雨天中止のため、世界に羽ばたく下川コーチと人気絶倫中の浅野コーチが参戦してくれました。
とにかく、ラリー、ラリー、ラリー3人のコーチ達が7人をお相手します。
特に今回はまた少しストロークが良くなってきたので確認→向上のためにコーチ達が人肌脱いでくれました。
 然るべき人とのラリーは球出しを凌ぐ感覚磨きのメニューとなります。
引く手数多の2人のコーチのサポートで非常にエキサイティングな最後を締めくくれました。
雨が降ったらラッキーデイ! 何かお店のイベントみたいですね!
さぁ、明日は水曜日! 毎日休まず、市川浦安営業中ヾ(●´∇`●)ノ
ゴールデンウィークも休まず営業中ー
お盆も休まず営業予定!
ソフトテニスのクラスも追加でありますのでお気軽にお問い合わせくださいね!
さて、今日の午前の大人クラスはレギュラーのお客様大募集中!
今日は雨天で延期になった試合から選手の子が負けてかえってきました。 にもかかわらず、次に向けて取り組む姿勢と笑顔で「やっちまったなぁ」と言える切り替えの速さには脱帽しました。
本気で試合に臨むなら負けたことよりも、【次に何をするべきか】と自問自答することが大切! いちいちマイナスに考えていても仕方ありませんもんね。
次の試合に向けて取り組む姿はきっと人生を良いものに謳歌することでしょう。
とは言うものの飛び交う球は恐ろしいくらい迫力ありますが、JPクラスはメリハリをつけて和気あいあいと個性をぶつけ合っていますので宜しければ見学にきてくださいね...♪*゚
選手ばかりではありません、ショット別クラスにも拍車がかかります。 基本的にコーチが長々とお休みを取らないここのスクールですが、加藤コーチのショット別はコーチが水分補給を定期的にとりません、笑
2人のお客様には片方がコーチとラリー片方が1人で練習するメニューなので、そのタイミングで個々に合わせて休憩を取って頂いています。
ただ、この2人、部活顔負けの体力! ごくごく普通の主婦ですと言わんばかりの優しさと普通さを兼ね備えているだけに思えていたのですが、己に向けられた研鑽欲が凄いっ!
球出しを除いてコーチ前を5回やってもギブアップ、ブレークをしない!
優しさの塊のようなお二人でしたがプレー中のファイターっぷりはラファエル・ナダル並の【闘志】でした。
もちろん、スペイン産まれではありませんよ、笑
J1J2はやる気と技術を持ち上げるのが天才的に上手い牧野コーチ、何やってもやる気でないんですよーこの子と言われる子達を100人以上テニスの虜にしています。 本日のジュニアはやる気がみなぎっているからさらに凄い! 小学生低学年でも女の子でもラケットをブンブン振り回せるように仕上げちゃいます。 またまた、優しいから子供達がリラックスするんですよね。 リラックスした状態はオキシトシンも出せますし、ドーパミンやアドレナリンも出まくります。 快感を覚えて成功体験を欲するようになるた自立心が養われます。
実に楽しく刺激のある月曜日でした!

photo tiny crane made by Tatsu…

ラケットと子供と大人と涙

今日は貪欲の日曜日!自分が納得のいくまでは妥協ができないCOLORの休日!
週に何回テニスをしているとか、コーチに褒められたからとか、そんなの無視無視! 自己との闘いに没頭する、そんな皆さんの1日でした。

これはコーチになるとき誰もが先駆者から言われた経験があるあると思うのですが、コーチは1日いくつもレッスンをします。
しかし「お客様にとってはその日唯一無二の1レッスン!連続しても1回1回初心にかえりなさい!」と。
一方でお客様自身もその1回のみの60分~90分色んな目的を達成もって望まれます。
そして達成感や満足度もそれぞれです。
コーチは寸暇を惜しんで無駄なく有意義なものにするのが必至。
あのパターン、このパターンを思い巡らして瞬間でBESTなメニューを作り出します。
勿論、クラスによっておおよそのガイドラインをここに持ち合わせているのですが、その日の調子や雰囲気、真剣だからこそその瞬間瞬間に見つかる意外な【発見】!
具体的なレッスンメニューを変えるコーチもいれば配球の方法を変えることもあります。 声のかけ方もそのひとつです。
今日はジュニアのレッスンでこんな一コマがありました。
全然上手くいってるし、むしろ(・`ω-´)σσ‥…—– インジャナーィ!!って思うほどの出来の良さ!
でも、本人は納得行かず、上手く出来なかったらしく、レッスン後に泣きそうな横顔・・・
レッスン中は見せないのにね。 球拾いも100点満点、取り組み姿勢も妥協なし!
でも、納得行かず・・・
凄いよねぇーと感動しました。
1レッスン気を抜かずに取り組んでいた、気持ちが切れなかったというのは大人でも難しいことです。
コーチが選手の立場として起こったとしても難しいことです。
とりわけ市川浦安の子達は(言うまでもなく大人の方も)「望むレベル」が高い!と感じることが多くあります。
そして他と全く競わない、自分に向けられた己との鋼の闘い。 大人のレッスンは正に【平成の部活を闘い抜く昭和の強者たち】と言うサブタイトルがつく様相を呈していました。
相手を思いやりる一方で失礼のないように己のBESTを尽くす!
【武士の生き様】でした、笑
コーチ達も負けず劣らず日々の練習からトレーニングに明け暮れていて良かった!と共鳴できた最後の休日でした。
明日もまた新たな1週間が始まります。
門下生募集中ーーーー LINE→ichiura Mail→ichiura@softb…

土曜日のCinderella☆

土日しかできないってお客様が多く見えるのが今日と明日の2日間、当たり前ですが平日は多忙極まりない生活を送られています。
でも、そんなお客様だからこそ【されど90分】全てを賭してテニスして頂いています。
表現の個人差はあっても福田雅之助の「絶対無二の一球」を体現するかの如くコート狭しと走り回り、技術の鍛錬に励まれています。
本日は朝のJ1からエースを狙えの岡ひろみ状態でした。
球出しにはそれぞれの意図があり特に低年齢層のクラスではラリーが成立するようになるまではあの手この手を尽くします。
本日は →ネットを越す成功体験 →左右のストロークの切り替の成功体験 →走らされた時の返球の成功体験 →さらに走らされた時の成功体験
これらをメインにおこないました。 ジュニアのレッスンに関しては特に本人の意図よりもコーチがどうすれば自然とスイングが身につくかを思案してそのクラスに応じたメニューを創作します。
一見同じメニューでも意図やその時の雰囲気によって全く異なるものになります。
J1では【いかに体を上手く使って難しいボールを返球できる可能性を引き出せるか】、C・Dクラスでは【いかに効率よく打点を前にとる感覚を身につけるか?】、A・Bクラスでは【基本動作からいかにスイングの精度とヘッドスピードを形を大きく崩すことなく身につけるか?】、J2では、いかに【基本動作を効率よく導いてあげるか】、B・Cクラスでは【1つ目の動作から2つ目の動作を無駄なくおこなうか】、JPクラスでは【ポイントを意図的に明確にどのようにして取るか?】、JSクラスでは【ポイントを取るために基本動作をどのように連続性を持たせていくか?】をテーマにおこないました。
コーチの意図や目的によって同じメニューでも形而上的な内容が大きく変わり、後の成長に大きく影響してきます。
とにかく、ボールを打つ!追う!連続性を持たせる!
一球に込められた想いがはっきり伝わってくる土曜日でした!
明日もどんな形の日曜日になるか楽しみです(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

金曜日の大志!

今日も楽しく1日を終えることができました! 金曜日は残念ながら新設クラスのため午前の在籍は【0名】、雨天の時や振替クラスとして現状運営しています。 是非とも新しいCOLORを作りに来てくださいね!(^o^) ※グループでもオッケーです
午後のジュニアクラスは《うちに秘めた可能性が高い》クラス!
J1はこれまた進級した子もいたので在籍1名の新設クラス! 初心者ながら察しと思いやり抜群の翠コーチのスキルが光ります。
テニスが初めて!なのにボールがあたる!かたちができる! 各ベテランコーチとのコラボ歴が長いのでアドバイスも的確! 隠れファンの多いコーチです。
J2も同じく淡々、黙々系の子達でひたすらテニスに勤しみます! ↑ 頑張ってると言う表現では推し量れない何かがあります☆
最後のJPクラスはコーチとの関係が長いクラスなので個性が突出しています。
今月から市川浦安校で始めた選手はかなりポテンシャルが高いです。
ある程度このレベルになってくると目に見えない気持ちや取り組み態度が見えないところで何気ないポイントに出てきます。
好奇心旺盛だったり、遊び心があったりと、自由奔放な姿が将来の可能性の大きさを醸し出しています。
一方で、たま~に見せる何気ないミスが実は心の弱さや100あるうちの1だけなのですが、【将来の致命傷】になり得るスコトーマだったりします。
長く付き合えば各々の性格も見えてくるのでさりげなく指摘します。 無くて七癖!
すぐには治らなくても【気づくきっかけ】を作ります。
明日に改善されるのか?数年先になるのか?はわかりませんが、「やっちまったぁ~」と気づければ表面的には同じ結果でも、徐々に改善に向かいます。
全力だからこそイライラするし、時には物に当たってしまうこともあるでしょう。 笑って誤魔化すこともあるでしょう。
でも、それは真剣さが引き起こす負の産物なだけなので気づかせるしかありません。
ただ改善するために1つ言えることは【目的を明確にすること】!
それに向かって取り組むこと。
特に表面的にではなく内面的にと言うお話を少し終わりにしました。
聞いたふうにしないのが、彼らの良いところ!
将来が非常に楽しみです!
ほとんどの、クラスでアルミのラケットがなくなってきました! 大人のちゃんとしたラケットが増えてきました!
それぞれのテニスを通じたスタートを切りました!

ストイックな木曜日

本日も体験のお客様にお見え頂きました。ご入会ありがとうございます。

午前中の朝一番のクラスはダブルス専科、中上級・上級クラス、簡単なポジショニングはおこないますが基本的にダブルスでのショットの強さと精度を磨きます。
セレナ&ビーナスはシングルスの覇者ですが、ダブルスのタイトルも総なめにしています。
つまり【しっかり打つ】【コースを目がけてスイングする】【厚い当たりをする】ことこそが強さへの唯一のステップアップです。
大人気上昇中の飯島コーチと加藤コーチの両名で名?迷?ラリーが展開されます。
2人が台になるので思い切りできるのもこのクラスの良さです。
良いプレーができましたが、さらに上回るお客様のプレーには拍手喝采、最高の90分でした。
J1クラスでも子供のテニス熱はアップします! ごくごくシンプルな形ですが、サーフからリターン、ラリーの展開手前まで上手く行けばできるようになってきました。
勿論、イエローボール(大人と同じ通常の球)でレギュラーラケット、フルコートです。 半年でここまでできるのは立派、無論、週に一回です。 (週に2回にしたらどーなるんだ?笑) もっと驚きなのは先週体験から即入会したお子様、な、なんと上からサーブとラリーのおおよその形がイメージできているっ! おそらく、他の子達が未完成ながらそれぞれのスイングポイントを本能で意識しているのでしょう、周りの雰囲気や取り組み姿勢が良いからなのでしょう。 そのクラスごとの特色のなせるわざなのでしょうね。
お次のJ2はテニスにハマってクラスを増やした子が多数、よりクオリティの高い目的設定でそれぞれの強みを磨いています。 個性が突出してぶつかるこのクラスは色んな形で練習に没頭します。
声なし!形無し!構えなし!とは合気道の開祖の名言の1つですが、この自由奔放さをテニスに向けている姿は将来の可能性の無限さを感じさせます。
お次のJSクラスはより実戦的に! 週①の子も勿論いますが小さな試合にでれば1つ2つは勝てるレベルにはなりたいですよね?(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡
妥協をしない彼ら、彼女たちの取り組み姿勢はご立派! 年頃トークもあれば、男の子トーク、ミスした時に「きゃーーー」と叫んで周りから突っ込みが入ることもしばしあります。 でも、真剣に取り組むからこそ、奇声がでますし、基本的に相手を不愉快にさせなければ良いと思います。
自己を表現する場が当校であり、その表現があるか…

テニスへの敬意のある水曜日

その曜日によって全体的なColorを感じるようになりましたヾ(●´∇`●)ノ
それは水曜日のレギュラーの皆様は【テニスへの敬意がある】と言うこと。
形而上学的な事で上手く表現ができずに申し訳ないのですが、テニスの本当の意味を模索しているというか、本能的に感じていると言いますか、つまり表面的にコートにお辞儀をしたりとか(これは日本の八百万の神の精神なら良いと思いますが、テニスの聖地ではやらないことなので賛否はそれぞれで良いと思います)、ボールを必死に拾ったりするとかではなく、1つの技術やその時その時の心の持ち方、1球1球への意味など、深層心理的な部分なのですが感じざるを得ません。
とは言え、外から見たらわいわい、ガヤガヤの年頃手前の女の子の女子会クラスや上手くいかなくて悔しくて切り替えに悩むけど表に出さないように必死にもがく子がたくさんいたりするクラスや(真剣なゆえに)、ただただ必死に体力の限界まで自己を高める大人のクラスや、表面的にみればごくごくありふれたテニススクールの様相を呈しているかも知れませんが、雰囲気とか感覚とか目に見えないものを感じるのに長けている人には少し興味深い水曜日だと思います、笑

どういう風に表現するか?は本当に難しいのですが、アニメの銀魂?昔ならシティーハンターの冴羽獠?海賊王に俺はなる!!!!でお馴染みのワンピースのルフィーを彷彿させたクラスが朝から夜まで行われている曜日?と言ったところでしょうか?
つまり、【テニスの本質と醍醐味】を最優先にしつつ【楽しむ】そして【上達する】水曜日なのだと思います。
新学期になって体験の方も増えてきそうです。 まだまだ新設クラスに空きが多数あります。 この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
LINE→ichiura
さて、今日はストイックな木曜日! 笑顔の中に真剣さあり! また素敵なテニスで共に精進できそうです!
皆様にとっても素晴らしい木曜日になりますように☆

【ご質問にお答えします】※レベル設定について&本日のA・Bクラスレッスン

スクールでの1つのステータスにもなるクラス分けですが、当校は現在1面展開(ゆくゆくは2面、3面、別店舗展開予定)です。
例えば3面以上あるスクールであればレベルわけもある程度明確になると思います。 スクール歴の長いお客様だと体感されていることだと思いますが、【問題なのは】→コーチ1人に対してのお客様の数であって実はレベル設定でなかったりします。
運動不足解消を目的にしていたとしても、ある程度ラリーができる方が疲れます。
市川浦安校ではお客様のレベル差があったりする場合や2名しかいなくてダブルスをしたい場合はコーチが規定の人数の人数に問わずアシスタントがつきます。
コーチが相手なら気兼ねなく打てますし、しっかり技術の確認や上達状況をご自身でご確認、お取り組み頂けます*\(^o^)/*

また【基本をしっかり磨きたい】時は基礎クラスがオススメです。
本日はスライスとスピンのラケットの動かし方を体感してもらいました。
◎基本のラケットワーク
◎球出しからの回転の意識
◎ひたすらコーチがラリーの相手 ※本日は7回コーチ前ができました
コーチが2名いると思う存分テニスができます。 遠慮なく技術が磨けます。 しっかり打ちまくれます。

是非ともレッスン受けに来てくださいね!

【質問にお答えします】※コーチは同じ方が良いのですか?それとも違う方が良いのですか?

色んなご質問ありがとうございます。まずコーチが違うデメリットを3つ
→教え方が違う可能性 →年功序列の関係性 →大人の事情のためbetterな選択

コーチが違うメリットを3つ
→1つのテーマに多角的なアプローチ →違うコーチのテニス観を学ぶ →脳に刺激を与える

多くのお客様の懸念材料は【指導方法が違う点】にあります。

当校では現代的なテニス(最新のテニス)を伝えることを最優先にしています。
→ラケットのヘッドスピード →実戦で必要な動き方 →個々に合わせたアドバイス
また、コーチ達はお客様の情報を共有しているため、このコーチの時はAと言うアドバイスを貰ったのに、真逆のBと言うアドバイスを貰うと言うことはまずありません。

一見、違うように思えても実は角度が違った同じアドバイスと言うことです。

なのでどこでも伸び伸びと楽しく、真剣に取り組めます!
テニスの練習やトレーニングも共にすることも多いため自然と会話が多くなります。 しかし個性は十人十色です。 どのスポーツしても合わなかったのに、テニスが好きだとか、有名高校に入ったのにテニスに没頭してコーチになったとか、サラリーマンから役者目指したのに楽しくてコーチになったとか、テニス以外は仕事できないってコーチになったとか、プロを目指しながら頼まれてコーチになってるとか、多様な人生観が1面のインドアコートに凝縮されています。

春のスタートとしてテニス始めてみませんか?

中体連第5ブロック本戦

当校JP在籍の選手が単複都大会進出を決めました!
おめでとうございます!
都大会もBESTを尽くそう!

軟式テニス絶賛レッスン活動中

本日はイベントのため時間変更!コーチ3名体制でソフトテニスのレッスンでした!
5名の生徒は皆、汗だく、真剣さの中に笑いあり、黄色声援あり、盛り上がった1時間でした。
中でも関東大会手前の当校卒業選手が手伝いにきてくれたのは生徒達にとっても大きな収穫でした。
市川浦安の坂口健太郎こと翠コーチは何故か女性や子供に大人気? 思いやりのある配球とさりげなくその子に必要なものをサポートします。
なぜスマホのゲームや任天堂スイッチにハマるのか?そして驚くべき知識と技術を習得していくのか?

答えは簡単!

【楽しいから】です(๑•̀ㅁ•́ฅ✧

僕はいつも思います、スマホゲームと学校の勉強、反対になったら面白いのでは?と。
とにかく、いつも心がけていること!
【昨日の自分を少しでも超えてみせる】

素敵な日曜日を*\(^o^)/*

レッスン内容について【質問にお答えします】☆彡

指導方法についてです!→全体に?それとも個別に?
基本的に当校では個々をみて指導を差し上げています。 全体に伝えることもありますが、メニューとワンポイントです。
同じ小学生でも体格に個人差がありますし、運動経験歴も異なります。
最終的な着地点は同じですが、アプローチは画一的ではありません。
例えば、1、2、3で踏み込んで打たせる打ち方は30年前だのメソッドだったりします。 勿論この打ち方自体はもちいることもありますが、【左足出してー】※右利きフォアハンドストローク時。とアドバイスすると運動連鎖の感覚がいい子はそのまま距離感や打点もよくなりスイングもヘッドが回るようになります。 しかし、そうでない子は左足だけ考えて大切な打球動作を習得できなくなってしまいます。
このような意味で画一的でありません、笑
春先になにか運動を!と思ったあなた!
テニスしましょう(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

心境の変化☆彡.。

都会の近くの現在100名ほどのアットホームなテニススクール!
大人も子供も初心者向けから試合で活躍するプレーヤーまでが足繁く通っています。
そんなこんなでスタッフ全員がお客様の特徴を把握しています。
些細な変化も見逃しません、笑
今日はちょっと嬉しいひと時がありました。
いつも後半尻上がりな生徒の1人が開始早々絶好調っ! 週1テニスだと感覚を取り戻すのに時間がかかることもあります。
どうしたの?今日は特に凄いじゃん!と問いかけると、m9(+ゝω・´+)カッコイィ───ッ☆
話を聞けば素振りをしてきたと♡
ゲーム1日17時間の秘密の珍記録?を持つ彼がプライベートでスポーツに時間を割いてくれるなんてこの上ない喜び!
コーチをしていて良かったぁーと自然と喜びがこみ上げてくる瞬間でした。
それぞれにはそれぞれの想いがあり、方法があり、成長があるっ! サーブに問題があるっ!と先月からクラス変更してきてくれたスポーツ万能少女のショットも冴え渡ります!
JSクラスでは10月当初はサーブからラリーさえも出来なかったのに半年かけて試合がしっかり成り立つようになりました。 週1の子だと半年で36時間、実に無駄なく、真摯に取り組んだ結果だと思います。 素晴らしい('∀`)スンヴァラッッスィィィィィィィ
かと言って、昭和スパルタバリバリではありません、笑 自由に水分補給取って自由にコートで表現する。 待ち時間の数秒は他の話だってしています。
つまり、みんないい子でオンとオフの切り替えが早いんですね!
近所の駄菓子屋さんに遊びに来る感覚で立ち寄ってくれる子もしばし!
楽しく、みんなの楽しい居場所!スポーツコミュニティ市川浦安に遊びにきてくださいね!

中体連5ブロック大会と初級者クラス

中体連5ブロックは当校JPクラスより3/5名本戦に進出!
そして全ての選手が前回の結果を上回りました。
おめでとうございます!
10月からの新設クラスですが圧巻の成長です。
実戦豊富な現役選手からベテランコーチまで一貫した海外っぽい?指導をしています。
さて、試合は勿論ですが、火曜日A・Bクラスも絶好調上達中ー!
テニス始めて4回ほどでラリーができるようになりました。 学生時代にお遊び(自称)でテニスをやられていた!?お客様も見違える程の上達っぷり!
その秘訣は翠コーチにありました。
加藤コーチの元でアシスタントに入り、育成経験豊富な小林コーチの元で修行し、選手として大絶賛パワーアップ中の下川コーチに稽古をつけてもらっている彼は実はコアなファンが多いです。
それぞれのコーチのポイントを抑えて自分流にアレンジ! けっして多くは語りませんが、洞察力バツグン! ジュニアではスポーツ苦手な子がメキメキ上達中!
大人のレッスンでも異彩を放っています。
連続動作を教えることに長けていますね!
加藤コーチのJSも狙われているかも?
小さなことからコツコツと! 大きな躍進支えます!

中体連5ブロック予選開始と最近のレッスン

当校JP在籍の渡邉陽登選手が中体連の大会で予選4回戦まで駒を進めした。
大きな大会や結果ばかりに目が行きがちですが、個々がどれだけ頑張ったか?を評価するのがわれわれコーチとしての責務であり、それぞれのスタートラインを忘れずに指導することも心がけています。
小さな頃から毎日練習して週末試合に出ている子と週に1回テニスをしてぼちぼち試合に出た子と比べても仕方ありません。
その子がいかに成長しているか?を把握して適切なアドバイスをするのも大切なお仕事です。
何よりも本人の努力が結果に結びつくことは嬉しい限りです!
おめでとうございます(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡
スクールのコーチ達が一貫して意識して取り組んでいるのはラケットのヘッドのまわし方、それぞれのアプローチ方法は異なりますが目的は同じです!
日曜日のB・Cクラスではひたすらラケットワーク※ヘッドをまわす練習

→ミニラリー →アングルミニラリー →Vo-St →クロスラリー →シングルピンポン →シングルチャンピオン →ダブルスミニマッチ
高校生vs社会人
若さに老獪さで闘う訳ではなく、若さに若さでぶつかる姿には脱帽でした。 完璧なWINNERを奪取されました。
私も社会人経験がありましたが、日頃体をフルに動かさない人がここまで奮闘できるのは並々ならぬ精神力です。
しかもWINNERを取られていますから心·技·体の見事なハーモニーが為せる業です。ただただ賞賛の言葉と拍手を送るばかりでした。 やられた高校生も黙ってはいません、笑
悔しい気持ちをダブルスにぶつけてコーチから完璧なフラットサーブでノータッチエースを取っていました。
部活にはない【爽快感】と普通のスクールでは味わえない【達成感】を是非とも受けに来てくださいね!
ヘッドのまわし方の練習メニューについては【TennisingTV】(YouTubeチャンネル)で浅野・飯島両コーチとの研修で上げる予定です。
忘れかけた青春が味わえるテニススクール!市川浦安! →ichiura(LINEID)

TOMAS CUP【JOPジュニア全国大会】結果

当校所属の宇田川実央選手は16歳以下BEST16、齋藤一輝選手は18歳以下第3位でした!
誇らしいことは、小学一年生の頃から仲間として歩んできたこと、初めは週に1度のテニスから自分の意思で、自分のペースで、そして自分で決めて今に至ることです。
彼らの大きな目標はもっと高いところにありますが、ひとつの通過点として素晴らしい努力の結果だと思います。
当スクールのスタッフはphaseに応じて個々に合わせたSTEPupをはかります。
そして頑張る子を応援し続けます!
また、本日も新たなメンバーが加わりました。
選手の皆さんおめでとうございます! そしてこれから選手として歩みはじめる皆さん、共に精進しましょう!

長い目で!

TOMASCUP(JOPジュニアの全国大会)に駒を進めたみおちゃんはBEST16、初戦勝って本日続き!
共通しているのはテニスを始めてからずっと苦楽を共にしている点!
それぞれのテニスの位置づけはあると思いますが、コーチ達は長い目でその子に応じたプランニングを差し上げます。
例え、週に1回でも石の上にも三年☆彡.。 3年、6年、10年と継続すればするほどテニスが楽しく、上達します。
テニスの上達は本質的な人としての成長にもつながります。 好きだからこそ、嘘をつけない何かがテニスにあります。
試合に出ても良いプレーができるテニススクールを目指します! でも、基本は楽しく、自分発信で!

素敵な日曜日を( ̄▽ ̄)