2018年4月12日木曜日

ストイックな木曜日

本日も体験のお客様にお見え頂きました。
ご入会ありがとうございます。


午前中の朝一番のクラスはダブルス専科、中上級・上級クラス、簡単なポジショニングはおこないますが基本的にダブルスでのショットの強さと精度を磨きます。

セレナ&ビーナスはシングルスの覇者ですが、ダブルスのタイトルも総なめにしています。

つまり【しっかり打つ】【コースを目がけてスイングする】【厚い当たりをする】ことこそが強さへの唯一のステップアップです。

大人気上昇中の飯島コーチと加藤コーチの両名で名?迷?ラリーが展開されます。

2人が台になるので思い切りできるのもこのクラスの良さです。

良いプレーができましたが、さらに上回るお客様のプレーには拍手喝采、最高の90分でした。

J1クラスでも子供のテニス熱はアップします!
ごくごくシンプルな形ですが、サーフからリターン、ラリーの展開手前まで上手く行けばできるようになってきました。

勿論、イエローボール(大人と同じ通常の球)でレギュラーラケット、フルコートです。
半年でここまでできるのは立派、無論、週に一回です。
(週に2回にしたらどーなるんだ?笑)
もっと驚きなのは先週体験から即入会したお子様、な、なんと上からサーブとラリーのおおよその形がイメージできているっ!
おそらく、他の子達が未完成ながらそれぞれのスイングポイントを本能で意識しているのでしょう、周りの雰囲気や取り組み姿勢が良いからなのでしょう。
そのクラスごとの特色のなせるわざなのでしょうね。

お次のJ2はテニスにハマってクラスを増やした子が多数、よりクオリティの高い目的設定でそれぞれの強みを磨いています。
個性が突出してぶつかるこのクラスは色んな形で練習に没頭します。

声なし!形無し!構えなし!とは合気道の開祖の名言の1つですが、この自由奔放さをテニスに向けている姿は将来の可能性の無限さを感じさせます。

お次のJSクラスはより実戦的に!
週①の子も勿論いますが小さな試合にでれば1つ2つは勝てるレベルにはなりたいですよね?(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

妥協をしない彼ら、彼女たちの取り組み姿勢はご立派!
年頃トークもあれば、男の子トーク、ミスした時に「きゃーーー」と叫んで周りから突っ込みが入ることもしばしあります。
でも、真剣に取り組むからこそ、奇声がでますし、基本的に相手を不愉快にさせなければ良いと思います。

自己を表現する場が当校であり、その表現があるからこそ、テニスを楽しく、目的を持って取り組むこもができます。

今日は「水泳2回じゃなくて、テニスを2回したいー」と言うジュニアの子の話をお母様から伺って嬉しい1日でもありました!

写真は絶賛上達中の1人、しゅーじ君との2ショット!
「JUMP」を貸してくれた女の子とみんなで写真を撮ろって言ったら照れていたので彼が快く応じてくれました。

今日も素敵な1日をありがとうございました!

ちなみにJUMP!なにか分かりますか?
加藤コーチが持っていると「少年ジャンプ」に見えますが違いますよ、笑


0 件のコメント:

コメントを投稿