2021年9月20日月曜日

第14回 いちうらカップ(ミックスダブルス)

優勝

北村 太様
北村 敬子様


今回はどのペアも大接戦でした!
おめでとうございます!

2021年9月19日日曜日

第13回 いちうらカップ(女子シングルス)

加藤礼子様

優勝おめでとうございます!

第12回 いちうらカップ(ミックスダブルス)

優勝おめでとうございます!

鈴木豊明様、服部有佳子様

育成クラスミーティング

第一回円卓会議…

真剣に全国で活躍する選手を輩出するまでに何年かかるか?

ここまでは熱のあるコーチ達で話される事は少なくないかも知れません。

しかし、今回のミーティングのメンバーは「全国」の厳しさや強さを実感している仲間たち。

今回、全日本ジュニアで優勝した選手の育成に携わっていたコーチ、「初心者」から全国レベルの選手をいちから育て上げたコーチ達で意見が交わされました。

早くて3年、現実的には7年、8年…

ハードウェア面からソフトウェアの面、トレーニングや試合の回り方、それぞれの役割など…


一騎当千で他人とは深く相見えることを許さない仲間たちが一堂に会した奇跡的な構図になりました。

現実問題、本気で取り組むからにはいろいろなハードルがあります。

しかしながら、一生の中でおそらくこういった機会はもう二度と現れないことだと思います。

一度しかない本気のチャンス。

良いものに築き上げていきたいと皆が心に誓った3時間でした。

2021年9月18日土曜日

第11回 いちうらカップ(ミックスダブルス)

優勝

初谷 颯太様
初谷 美希様

おめでとうございます!

ジュニアのラケット選びの重要性

固定概念は悪、先入観は罪…


ジュニアのラケットを新しいものにする時、結構心血を注ぎます。

長期的な目で見たときにこの選択肢はかなり重要なものになってきます。

世界レベルを視野に入れたとき何か武器になるようなショットがなくては話になりません。

もちろんその他の諸々の条件はありますが、ラケット選びはかなり重要。

どんなに国内で凄い選手でも世界に行ったらただのシコラー…

誰もが始めた時から高いレベルを志すわけではありませんが、このさじ加減はかなり重要です。


今回はピュアドライブの軽いタイプを使っていたJrのお話。

ラウンド形状が良いのかな?と思いながらいろんなラケットしだしていましたがなんと意外なことに…


写真のラケットが1番合っていました。

V-CORE100に合ったストリングス

HEADのラケットが名実共に人気になりつつある中、依然として脅威の人気を誇るV-COREシリーズ!

特に今回はV-CORE100が「しなり」と「たわみ」を実現しています。

正にハイパフォーマンスラケット!


そのラケットにお勧めしたいストリングスの組み合わせをお話ししています。

よろしければご参考ください!

第14回 いちうらカップ(ミックスダブルス)

優勝 北村 太様 北村 敬子様 今回はどのペアも大接戦でした! おめでとうございます!