2018年12月18日火曜日

日本人に必要なスキルと良いガットの組み合わせ!

ガットが切れたことないなら、神仕様のBIPHASE1.18とHYPERG1.15がおススメ!

打球感、ホールド感、最高です!



さて、本日はGHQの日本人戦争罪悪感プログラムから教育のあり方まで、白熱?したテニスな1日でした。

ヒルガードさんが認めたこの話、検閲プログラム自体を明かしてはいけないと言う異例のルールがあった事実もありました。

はい、余計な雑談はさておき、何を言いたいか?
日本は通学の義務が教育の義務を押しのけていると言う事実。
そして、発言することや意見を交わすことも苦手な教育プログラムにもなっています。

習い事=一方的に教えを乞うことになりがちですが、実は1つの問題に対して意見がたくさんあることは良いことで(但しテニススクールなのでテニスに対してに限定)違うこともあれば、角度を変えるとそういう見方もあるか!と発見することもあります。

基本的にグループレッスンでも、他人の迷惑にならない限りは「個」を尊重するのはスクールの方針です。

今日のJ2では初の試合を控えた2人のジュニアと1人の前途有望な子の3人でレッスン前からラリーなどの練習をしていました。

途中わからないカウントやジャッジになって困っていたら凡人の星!浅野コーチの登場っ!

試合の臨場感を伝えながら運び方をレクチャーしていました。

習い事ってどうしても受け身になりがち、でも、自分発信が出来るからこそ、習い事の醍醐味があるんだと思います!
サーブを武器にしたい!って子はとにかくサーブ練習の時は目を光らせます。
前の時間のレッスンでも早く来てアドバイスを聞いています。
「あれ?このレッスンで言ってないよなぁ?」と思う時も多々あるのです。

でも、自ら「学ぶ」姿勢が培われていきます。

僕が尊敬する隠れた田舎の名コーチから「フェデラーの足の幅がやばい!」と聞きジュニア達に伝えたら、たった1人ですが、「あれ観た?」って聞いたら(2週間以上前)「観た、見た!ヤバくない?」ってYouTubeをフル活用してくれていました。

こういうのって「きっかけ」って言うのだなぁーと感動しました。

テニスすることで自己表現が上手くなると、自己評価(エフィカシー)が高くなります。
エフィカシーが高いと毎日が楽しくなります。

親御さんの視点とは違った角度から、あなたのAnother personalityを発見できる、Another Skyを目指します!


LINE ▶︎ ▶︎ ▶︎ ichiura





2018年12月17日月曜日

テニスのレベルアップと忘れちゃいけない本質!捨てる神あれば拾う神あり^_^

今日は牧野コーチのシングルスレッスンからスタート!

▶︎あたりの厚さとオープンスタンス

女性ならではの視点と海外での研修を活かしたレッスンは単純明快!
中級クラスの女性には密かな人気を集めています!

ジュニアクラスでは身につく基本から応用練習!

明日試合を迎える凡人の星、浅野コーチは一年かけて週一の子をサーブからしっかりラリーができるように心血を注ぎました!

例え小さな亀の歩みでもコツコツ続ければ、うさぎにだって勝つことができます!

ショット別では基本の運動連鎖の主となる足の部分を徹底しました。

JPは球のあたりを厚くするために
▶︎肘を伸ばす
▶︎速いリズムで厚いあたりを体現する

ミニラリーより少し長めの距離で練習を行いました。

肘を曲げすぎると
▲テニス肘
▲腱鞘炎
▲野球肘
▲TFCC損傷

技術的には
⤵︎球が軽くなる
⤵︎パワーロス
⤵︎薄いあたりになる
⤵︎コントロールの低下、欠如
⤵︎回転量や深さの欠如
⤵︎ヘッドが回りにくくなる

事があげられます。

特に試合に出て行くと今勝ちたいレベルに合わせてしまうため、本来の勢いが損なわれてしまいます。
感覚的に客観視できる選手は問題ないのですが、かなりの基本の深さが重要なためDevelopmentの段階ではかなり重要なファクターとなります。

いきなり、凄いボールを打つようになった!

いきなり、強くなった!


これらの結果は球のあたりの厚さにあります。

目に見えない大切な杵柄!「ミス」の質を高める!

大きな大躍進につながることでしょう!


LINE▶︎▶︎▶︎ichiura

できる?可能性を広げる!

「一年ぶりにサーブがキープできました!」

今日の練習方法が何かのきっかけになった?ことと、ご本人の週に1回の鋼鉄の努力の賜物だと思います^_^

本日のレッスンはインパクト後のスイングを加速する練習(ストローク)、サーブの力の入れ方から打点、肩の回し方、力の配分にフォーカスしたものでした。

大人も子供も【成功体験】から成り立ちます。
先ずは近くでしっかり振り切る!
次第に距離を離していく!

最上級Eクラスでは、下川選手がポーチの練習をしていました。

華麗かつ完璧な配球はまさにGOD!
JPクラスでもお手本のサーブは最速200km/hをマークします^ - ^

子供にも大人にも一番大切なこと!

それは本物を【観ること】と【体感すること】例えば、速いサーブを目の当たりにすると、「速いっ!」「やば!」となります。

しかし、次の段階では「できるかも?」「ちょっとやってみよう!」と脳がイメージします。

速いものを体感すると、それより遅いものは平気になるようになってきます。
気持ちも引き締まれば臨場感もあがります!

高いレベルを体感するとそれ以下はできなくても、なんとなくできそうな気持ちになります。

今日も楽しい!真剣なテニスをありがとうございました!

2018年12月16日日曜日

フットワークと心拍数

今日もガッツリてにしんぐ!(tennis+ing)

基本的にコーチ間でするのはテニスのお話。

勿論、他の会話もしますが、結構、眼差しが真剣!

こんばんは!加藤です。
下川選手に遠くのボールを追う際のフットワークと回り込みのフットワークについて教わりました。
シングルスでは不可欠なこのフットワーク、選手コースやJP、などが人気な理由がわかりますね。

ただラリーをしているように見えても細やかな配球や力加減はこういった事を考えている指導者とそうでない指導者では見た目は変わらずとも時と共にその成果が著しく出てくる事でしょう。

とりあえず僕は足の運びはできているのだとか?
回り込むときは右足を引くとか、遠くのボールを追いかけるには左足をクロスさせるだとか、サイドステップで戻る?はもう古い?間違い?

知れば知るほどテニスは深い!

また、それを学んだとしても体現することが難しい。

出し惜しみをすると言うよりも適時適宜、適材適所的に伝えるタイミングがあるのだと思います。

基本的に【頭】ではなく【体】で感じないといけません!
意識して、それを何回も何十回、何百回、何千回と、、、何日、何ヶ月、何年も!


もちろん、その都度のスパイスもあります。

明日も大盛況、市川浦安!


余談ですが、試合の時にパフォーマンスを1試合目からあげるにはどうすれば?とご質問頂きました。

「レッスンに来てください!」
【即答】

「少し走ったり、軽トレーニングをする」
【少し考えて返答】


【共通】した答えは!
▶︎試合の少し前に心拍数を心地いいラリー時の値にまで上げること!


心拍数が高くなると血流が速くなり体が動かしやすくなります!

ほんの少しのきっかけでも、大きな一歩に近づきます!

試合頑張ってくださいねっ!

2018年12月15日土曜日

テニスが不調かな?と落ち込みすぎる前に見直すべき盲点っ!

飯島コーチに切られた試打ラケット、PHTとAKPROCXをハイブリットで張ってみました!

テンションは48p

打球感は割と良いみたいです。

縦が切れない方は縦にAKPROCXでも良いと思いますょ。

コーチをしていて思うことはきちんと商品知識をたとえ個人の感想だとしてもしっかり伝える事が大切だと思います。


基本的に、安かろう、良かろうって考えは捨てた方が良いと思いますが、高級すぎる必要もなし。

こまめに切れるか張り替えるタイミングを逃さないように設定することが大切です。

テニスが上手くいかない!と感じる前に、下記の事を気にしてみましょう。

▶︎グリップは真っ黒だったり擦り切れていないか?
・・・握ったり、力の入出力に誤差や無駄が生まれてしまいます

▶︎ガットは1カ月から最大3カ月程度で張り替えているか?
・・・埃などで硬化したり、弾力性が損なわれたり、ササくれてテンションロスしていたり様々です。テニスにおいては賞味期限の切れた食べ物を口に含むのと同義になります。

▶︎シューズ、靴下は変えているか?
インソールは勿論、ゴムが擦り切れたり、クッション性が損なわれていないか?
・・・テニスはストップ&ダッシュの繰り返しです。靴下の裏が薄くなっていたり破れていたり、3足1000円ソックスは入門編とお考えください。分厚いものや二枚ばき、質のいい五本指ソックスなどは捻挫やかかと、肉離れから、足がつる原因を排除します。
インソールも実は別売りの物と付属のものでは厚さや弾力性が違いすぎます。
ソルボのテニス用は実にリーゾナブル!
あとアルアルですが、靴の底をみて「大丈夫!」と勘違いされがちですが、フットワークが良くなればなるほど削れるのは「横▶︎エッジ」の部分です。彫刻刀などで応急処置はできますがやはりキチンとしたものを用意すべきでしょう。

▶︎ラケット、打った時にベインベイン、またガシャガシャいってませんか?練習後に腕や手首が以前より痛く感じませんか?
・・・消耗品なので使用頻度にもよりますが1年から2年のスパンで考える事をオススメします。よく「新しいものは飛ぶから」と言う感想を耳にしますが、飛ぶのが普通で、それを如何に生かしたまま抑えていくのかがテニスでは大切になってきます。


不調!乱調!怪我しがち!なんか打ってて違和感ある!前よりフットワークが悪くなった。

何か1つでも気になる点があれば、先ずは自身の身の回りのテニス用品を見直してみましょう。

良くも悪くも人間は「慣れ」てしまいます。

どんなに努力しても好転しない時は少し空を見上げて、ひと息ついて、違った角度から考え直すことも大切ですょ!

今日も熱いテニスをありがとうございました!

2018年12月13日木曜日

続けることが男のたった一つの勲章!

なんだ……ほとんど可能性ゼロに近いじゃないか!

…………でもやらなけりゃ………… 確実なゼロだ!!


凡人の星、浅野尚也です。
加藤さんが勝手につけた名前ですが、僕なんかが何かの?誰かのお役に立てるなら嬉しいです。


挑み続けること大切だと思います。
辞めることはいつでもできますが、少し休憩をしたらまたゼロからのスタートに戻ってしまいます。

僕はテニスの才能とかセンスとかはある方ではありませんし、何故か小学5年生までは両手フォアハンドでした。
テニスも週に1回か2回、普通のレッスン受けているジュニアでした。
試合も初めて出たのはオーストラリアの非公認大会でルールもわかりませんでした。

試合も全敗。

中学生のときはバレーボール部でテニスは週に1回か2回程度でした。
部活が厳しくて辞められなくてそれでもテニスは通い続けました。
今は当たり前のオープンスタンスを西葛西のテニススクールで駄目出しされて文句言われて今のところに移りました。

今考えるとコーチによって勉強していない人、している人で何年後かは実力が大きく違ったものになると思うと怖いです。

高校生は全国レベルのところでしたが23番手でこのままやっていても強くならないと思って辞めました。
レギュラーはほとんどクラブチームで練習して試合に出ます。
僕達は練習は部活でして試合は応援でした。

どうしてもテニスを頑張りたいと思い、親の反対を押し切ってコーチになり選手として頑張りたいと思いました。

僕が思うことはテニスが上手くいかなかったり、勝てなかったりしても、諦めないことが大切だと思います。
よく、「限界を感じた」とか「テニスする気にならなくなった」とか言う子達もいますが、僕のレベルより上の人はわかりませんが、それまでの人は諦めずに続けることをすすめます。

大人になってからでもジュニアでプロとかではなく頑張られている方でも、続けることで何か見つけ出すことができると思います。

僕なんかが試合に出ると言われてあまり勝てないので笑われることもありますが、諦めずに歩み続けたいと思います。


人と話すのは苦手ではありませんが、あまりボキャブラリーがなく上手く伝わらない事もありますが、しつこく聞いてください。


一番、加藤さんに叱られてますが、プライベートレッスンも持てるようになりました。愛情だと思って闘いたいと思います、笑


悩むなら先ず!コートにきてください!


LINE▶︎▶︎▶︎ichiura





written by Yohane

2018年12月12日水曜日

ショップがパワーアップしました!

こんばんは牧野です^_^
いよいよ今年も残すところ2週間になろうとしていますね。

バドミントンのコアなお客様も増え、大忙しな毎日です。

今日はスタッフが揃っていたので模様替え?をおこないました。

足しげく張りやスクールに通って頂くお客様が多くなってきたので、色んな商品を取り扱うようになりました。

実はお店の遍歴は

▶︎江東区
▶︎江戸川区プールガーデン
▶︎葛西駅前
▶︎市川浦安テニススクール


とあるみたいです。
私は西葛西のプールガーデンの時にテニス教室でレッスンをさせてもらっていた時からお店を知っています。

大学生になってスポーツデポで約8年程、働いていました。

YONEXのバドミントンの資格、ガット張りなどはここで学びました。

スクールはテニス教室、ルネサンス浦安、Wellインドア、そして今に至ります。

大きい媒体は商品数も情報量も多く勉強になるのですが、フットワークが重いのがたまにキズ。

ガット張りをお急ぎの方にも特別対応できないことがあったり、勧める商品などにも会社の方針があったりします。

今のスクールは商品は勿論、レッスンも自分自身でアレンジできますし、ちゃんとした商品(自分が本当に勧めたいもの)をご提供できます。

特に体育大学で色んな事(特に子供の成長などについて)を学びました。
出来るだけ、個人に合わせたい事と、本当の意味で個人の能力を開発して個性を伸ばしたいと思っています。

基本的にどのコーチも同じ方向性なのと発言しやすい環境なので楽しくさせて頂いています。


特にガット張りがメインなのですが、商品数が増えてきたため、あと同時に在庫なども増えてきましたので使い勝手が良くなるようにアレンジしてみました。

足先から頭のてっぺんまで!
気になるギアの相談はいつでもお待ちしています。

今回取り扱いを始めたインソールも3パターンあります。
宜しければご質問くださいね!

ちょっとしたガットやグリップの違いでパフォーマンスが変わることも少なくありません。

今日は年頃真っ盛りな子達とテニスをしました。
エネルギー溢れる姿はその子達の可能性の高さを伺わせますね(^∇^)

自分も負けないように明るく楽しく、おちゃめに接客していきたいと思います。




Written by Yohane