スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2019の投稿を表示しています

テニスを極める?何が必要なのか?大坂なおみを育てる?

今日も寒空の中、たくさんの方にお越し頂きありがとうございます💕

加藤コーチのハゲ頭を気遣うお客様や笑って頂けるお客様と様々ですが、笑ってもらえると幸いです❣️
https://youtu.be/WJMiRjNo6vw ✨断髪動画✨はコチラ❣️後編
大坂なおみ選手の活躍で色々とテニスについてご質問を受ける事が増えました🌟
下川選手の練習仲間がヒッティングしたそうなので聞いてみてください、笑、と流石に無責任な返しはできませんね、笑
どーすればあんな風になれるの?? 色んな選手を観てきましたがこれは実に難しいですね。 先ずは人間は❤️こころ❤️がある生き物である点が1番難しい。
10000時間の法則はその競技を達成する、いわゆるプロレベルになるために必要な平均的なトータル時間です、がありますが、確かにこの時間は大切だと思います。 小さな頃から始めているとアドバンテージがあると言われるのはこれが理由ですね。
しかし、実際は少年少女期にピークを迎え、戦績は勿論、才能があったのに嫌になって、色恋に走ったり、他の事に興味を持ったり、親にバレないようにテニスをやったフリをしてみたりと・・・
これ、結構あるあるなんです。
お金も時間もかかる事ですし、人生だってかかってきます、でも、そこに本人の気持ちがあるかどうかなんだと思います。 例えば水泳は学校で授業でほぼ必須です。だから、スイミングに通う子が多い、だから、基本的にパイは大きく減っていかない。 受験なんてものは中学生になってからは皆について回るため塾産業なんかは乱立しています。 その数の多さが密集してしまうと、セブンイレブン方式のようには行かないでしょうが、潰れる事はあまりありません。(移転などはありますが)
小学生=習い事、中学生=部活・塾、高校生=バイト・塾・部活、大学・専門学生=バイト・飲み会、社会人=仕事、趣味の1つとして習い事

おおよそ80%以上がこの構図に当てはまっていきます。

人間の最大最高の能力って何かご存知でしょうか?
それは🌟継続🌟です❣️

イチロー選手は小学生の頃から同じ時間に毎日練習をしていました。中学生になっても野球を続けてお父さんと自主練をしていました。高校生は時間がなくなりましたが野球部で練習していましたし、自己のルーティーンは毎日おこなっていました。大きな事故に遭いピッチャーを断念しましたが…

ストロークの悪癖2つと改善方法🎾

ストロークでよくある抜けない癖は

・・・ボールを押せるけど腕がしならない ・・・ヘッドが回るけどボールが飛ばない
前者はステップダウン、つまり昔の打ち方を強制的に形にこだわってする場合が多いですが、よく🤸‍♂️フォームを固める🏋️‍♀️などと言う言葉を聞きますが、テニスボールを打つことは流動的です。柔軟性のないフォームを強制することで関節を上手く使って運動連鎖が出来なくなります。
後者はボールに回転をかけようと思い🖐押しだす🖐前にボールをこすってしまう、特に試合にばかり出過ぎてポイントを取ることやコートに入れる事を優先してしまった結果として起こりやすい弊害です。 ある特定のレベルまではいい勝負できるようになったのにそこからはからっきし伸びなくなった、上達しなくなった、強くなれなくなったと言うのはこれが原因となります。
これを強制する2つの球出しの方法があります。 至ってシンプルですが、ノーバウンドで真っ直ぐ返球する❣️左手を背中に隠してボールを打つ❣️
興味のある方はこちら ⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎ NEW【ストロークが上達しない👿2つの悪癖👿と😇改善方法😇】🎾
https://youtu.be/iFDdIvT1WrQ
簡単シンプルに疑問?難問にお答えしています

当校コーチ陣はしっかりとストロークが打てるように個性を活かしつつ指導中❣️
LINE📪ichiura

硬式テニス部の本音〜部活に入る前に知っておくと損はない知識と現状 and 具体的なテニスを愛する人に必要なこと

女性プレーヤーに必要なこと🔥
▶️ボールを飛ばす能力
▶️エネルギーを効率良く伝える能力

両手フォアハンドを将来的に片手の達成を見据えて必要なこと🔥
▶️右足の置き方

加えて全てのプレーヤーに必要なこと🔥
▶️加速の中で🎾を落とす能力


段階の踏み方は人それぞれではありますがエネルギーのMAX値が高いほど潜在的な上達の可能性が極めて高くなります🍖

特にアプローチを練習するとエネルギーをうまく加速させる練習になります。

大人のレッスンでは標準的な練習方法で、ジュニアレッスンでは少し特殊な練習方法で行いました。
特殊と言っても推進力を加速に変える練習と自ら加速をさせてコートにおさめる方法です。

文章にすると格好良いですが、実は地味❣️
そして地道🚶‍♂️🚶‍♂️🚶‍♂️

JSクラスのレベルもかなり上がりました、部活のレギュラー以上のレベルはあると思います✨
※JPはさらに上

加藤コーチは14年程、部活の外部指導員の経験者です。部活で足りないものをしっかり補っています。
ご相談や質問もあるので答えてもらいました。

ズバリ❣️何が違うのか?
💮先生はボランティア、指導に来る人も近所のおじさん、おばさんだったり、スクールのコーチだったり
💡見極め方はスクールで正式なコーチ歴がある、または最近の指導方法を取り入れているか?

☠️踏み込んで〜
☠️足を細かく動かして〜
☠️ラケットキャッチして〜


これは例えテニススクールであっても、かなり古いテニスの理論🎾

特に素直な子や純粋な子は大人に強く言われてしまうと泣く泣く実施せざるを得なくなってフォームが崩れる場合もあります。
入部後は結構、お悩みや理論確認相談が殺到します、笑

良い先生は生活態度やテニスの取り組みについて厳格な態度を取ってくれます。
技術的な指導はあまりおこないません。

部活はテニスをする回数が増える絶好の機会ではあります、他方で本人が流されない事も大切になってきます。

後は真面目に通うことも大切ですが、上手く休みを取って、試合に出たり、スクールでしっかり練習したりする事もおすすめします。

部活に真面目に通って上達しない子と、適度に休んで息抜きしながらテニスが強い子だと、先ず強い子が試合に出してもらえます。
勿論、素行が悪すぎたり、レ…

両手バックハンドの極意💮と市川浦安チャンネル❣️

両手バックハンドにしたいとお客様から打診があり✨
当校の投稿も見て頂いているので、アドバイス差し上げた内容をよりわかりやすく、選手のガチの動画付きで(そのために撮ったわけではないのでよりリアルです🎾)あげてみました❣️
👊👊👊👊👊👊👊👊👊👊👊 https://youtu.be/pWaC-VeFuB0
👊👊👊👊👊👊👊👊👊👊👊

生の声と動画ってなかなか観れないし、臨場感をより伝えるためにも作成してみました💮
非利き手側の肩を前に出すって意外と難しい❣️
💣首が一緒に回ってこないようにするのが大切なポイントのようです💣
数分ものが結構人気のようなので2分程度のものでまとめてみました❣️
いつも、ご視聴いただきありがとうございます😊💕
https://youtu.be/3eVPthNRGTk 🎤今日のライブ配信はこちら🎤
えっ?なんで加藤コーチがスキンヘッドになったのか?はこちらです💁‍♂️👇 https://youtu.be/WJMiRjNo6vw
朝は牧野コーチのシングルスクラスが大活躍❣️ 既存のスクール枠で、少数精鋭の時に実施しています✨ 全くダメ出しのない女性コーチの目線のシングルスは楽しいですょ❣️ 脳は良いものだけを記憶させるべき💯
加藤コーチのショット別、オープンスタンスがマンツーマンで実施💕 https://youtu.be/gm3MI3MY6hQ 一般テニスプレーヤーでも目指したいのはここです🎾✨ 主婦でもバリバリストイックにご参加頂きありがとうございます😊💕
そして、凡人の星⭐️浅野コーチは上手い具合いに引き出しからメニューを出してきますね
https://youtu.be/42z69k3V9ec 📚このボレーの躍動感を得るメニューは必見ですね📚
常にどうすれば上手くいくのか? スタッフそれぞれが頭をフル回転❣️
明るく楽しい真剣なテニススクールはD-tennis市川浦安🎾 LINE 📱📱📱ichiura

浦安ジュニアと段階の踏み方と珍事

浦安ジュニア女子がスタート✨
米澤選手(JP在籍)が同門対決で田村選手(JS在籍)と二回戦で当たるカードもありましたが、準々決勝BEST8に進出しました。 田村選手も3-6と惜敗、今後の成長が非常に楽しみです。
冨沢選手は1つ勝ち2つ目で惜敗。昨年の江戸川区の大会が初陣とは思えない試合後のコメントでした。 浜田選手は浦安をwithdrawしてJOPJUNIORのU-10へ、見事、勝利を飾り🏅全国大会(TOMASCUP)への切符を手にしました。
試合に出て、必要な事を導き出して、しっかり取り組む、上手くいかないショットのクオリティーを上げることは例え試合に出なくても🌏こうしたい🌏と言う思いを持って取り組むことは大切ですね❣️
J1でも幼稚園、保育園の子が将来の予備軍もしてカーボンのラケット、大人のラケットを使って練習中❣️ 試合に出なくてもテニスが上達すれば将来のちょっとがちな趣味にもできます💕
牧野コーチはやる気スイッチを押させるのがかなり上手ですね✨
大人のクラスでは、ボールを打つための💪タメ💪の動作を球出しをもちいて行いました。
とっさの反応は頭で考えるよりも体が動いた感覚が本能的に理解できないと体現できません。 ジュニア以上に動き回るその姿はこの先の大きな躍進を垣間見ることができます❣️
下川コーチのクラスでは華麗なラリーが繰り広げられると同時にお得意のシングルスのポイント練習が行われました。
来週試合を控えた軟式クラスではダブルス練習に力が入ります。 Bestを尽くせますように❣️
加藤コーチ🔥 丸坊主にしました前編✨ https://youtu.be/bIbyQqiNpR8 スキンヘッドにしました後編✨ https://youtu.be/WJMiRjNo6vw

本日のレッスンの中でおこなったボレーのメニューはこの応用です❣️ https://youtu.be/dV44Ad5P8T4

金曜日からは2月度スタートです❣️ 合宿も参加者お待ちしておりますよ💕
LINE   ➡️   ichiura

今日もありがとうこざいました❣️

JOPジュニアU-10

当校JS在籍の浜田まりん選手が大磯フェニックスオープンジュニアU-10で見事🏆優勝🏆

加藤コーチの願掛け成就第一号?いや、ご本人の実力です❣️

おめでとうございます㊗️㊗️
トーマスカップ(全国大会)への切符を手にしました✨

それぞれの指導方法、ストイックはストイックを呼ぶ🔥

金曜日の夜はフィーバーしすぎて誰も投稿できませんでした😭
すんません❣️
現場が賑わうのは実にありがたいことで、熱い有志たちに感謝✨

本日はしん選手が参戦🔥
師匠に蘭子さんに、なおみさんに三四郎さんに幸喜さん、三平師匠には年末から毎レッスンストレート抜かれてます😱
お見事🎊です

後半レッスンはしん選手が足の使い方のデモを❣️
前半のレッスンではボールの飛ばし方、落とし方を球出しメニューを用いて実施しました。

3本目のレッスンはひたすら基本に忠実に非凡を目指すスクール生の星⭐️飯島コーチが淡々とそして黙々とテニス業に勤しみました🎾
気配り、目配り、思いやりをラリーの配球で体現します。
しん選手はこれを観て「なかなか良いラリーするなぁ❣️」と絶賛✨

本質的なテニスを深めたい方には絶好の相手でしょうね❤️


J1からJ2、JP、JSクラスも大盛り上がり、試合に負けても挑戦し続ける子達にも脱帽✨
打てないショットに取り組む子達も輝いていました❣️

やっぱりテニス版ディズニーワールド目指したいですね🏆

いつも訪れてくれるお客様❣️
飛び入り参加のゲストの皆さん❣️
夢のテニス王国目指しましょう🎾

罰ゲームとオーストラリアンオープンを目指すために必要なものを考えてみた

下川選手、今年の末までに73kg達成できなかったら丸坊主にします🌋

飯島コーチ、今年の末までに68kg達成できなかったら丸坊主にします⚡️
みなさん、会う度に🍖何キロ?🍖って聞いてあげてくださいね❤️
お客様も常日頃から精進されているのでスタッフ達も日々精進したいと思います❣️笑
食べるとすぐ増える人の方が多い中で増やすのに苦労するなんていう人もいますからねぇ。
悩みは人それぞれといったところでしょうか?
さて、今日は朝からコーチ3人体制、サブネットのスペシャリストの椰子の木飯島が光る丁寧さと繊細な技を見せてくれます🏝 繊細かつ丁寧な定評のあるラリーはペースを落として安定させることでフットワークやコントロール、ラケットワークの確認と洗練ができます。
神業が光る、しん選手はどこへ打ってもピンポイント🔥 肩で息するお客様も数多いらっしゃいました。 試合と移動の疲れもあるのに飛び入り参加ありがとうございました。
そして最近、活気にあふれている、2つ目❣️
縦横無尽に淑女が駆け巡る、脳をフル活用して自己との戦いに勤しんでいました。 特にオープンスタンス🎾動画はこちらhttps://youtu.be/gm3MI3MY6hQ👈🎾を習得するために腰の使い方、足の幅について理解するために🎾この練習https://youtu.be/2J8gRdzEZsw👈をノーバウンドver.でおこないました。
テニスを再開される方や、最近始められた方、意外とこの打ち方をすると体が大きく周りボールが飛びます。 エネルギーの伝え方がわかればコーチを台にして繰り返しスイングをするのみ❣️ 白熱のラリーが展開されました。
しっかり打てることは心地よさに変わります❤️
ジュニア3本も熱が入ります✨ 最後のJSクラスは本当に皆、テニスに夢中🎾 最低ラインの球拾いはクリアできてますし、殆どの子達はテキパキ自主的に移動する❣️ 自分発信、自己向上心の強さは優秀な教育現場のエリート達に引けを取りません。 伊達公子選手を育てられたコーチが「テニスだけ真剣にやっていれば全てが身につく」と言ったような深いお言葉を伝えていらっしゃいます。 テニスへの取り組みは勿論、思いやりや、気遣いの心、自己鍛錬、自己研鑽の精神を養う、つまり、社会に出た時、それまでの人生においても全ての能力を培うことができると言う…

勇者帰還とテニス上達の核

今日もオープンスタンス三昧🎾
と言いますか、テニス三昧❣️
試合を終えて報告をうけた、しん選手から、またまた目からウロコネタ✏️ 色んなことを🗒にメモしたいくらいタイムリーな現場ネタを提供してくれます。 ありがとう❤️
選手目線で活躍しているスタッフが多いので、レッスンにもしっかり活かせます。 高いレベルで勝ったり負けたりの経験は🗻生🗻でしか聞けません。 ただ選手だからって言う理由でも役に立ちません。 彼らの生い立ちや経歴を少しでも多く知っているからこそ、疑似体験のやうに伝えきる事ができます。
今回は 🔥サーブ🔥 ⭐️スイングの速さ⭐️
・・・でした❣️ これがずば抜けてくると武器になります。
言葉だとたった数文字なんですけどね、笑 僕はこれを聞いた時にハッ💡と閃きました。
何年もの付き合いなのが、雰囲気で僕変換での話ですが。
昨日の気づきを今日のレッスンで体現❣️ ストロークの面の安定性❣️ 足の回転❣️ エネルギーの放出❣️
どのクラスも意識が高く、ボールを打つことに真剣になれる一日でした🎣
明日は明日の風が吹くっ❣️ 本日もありがとうございました❣️
https://youtu.be/UEc0FA9-mRs テニスについて🎾語った生LIVEはこちら🎙

テニスが強くなるためには?これからのテニスに必要な事

本日はインドアで熱いレッスンが繰り広げられる中、兵庫県加西市のアオノオープンを視察に行きました。

地球の南側では全豪オープンが繰り広げられる中、日本の西っ側では300万のJOPの大会が行われています。 世界最高峰のグランドスラムは1番観るべき大会だと思います。 しかしながら、僕らの仕事はステップアップの過程の大会がどんなものか?どういうステップを踏んでいるのか?またはそれを観に行って何を感じて、何を伝えていけるのか? 国内においては高い賞金の大会なので🏃‍♀️通過点🏃‍♂️にある選手はどのような人なのか?を指導者としては学ぶ必要があります。
一般人でもジュニアでも伸び悩む人、抜けて途端に強くなる人、と思ったら急に成長をしなくなる人、歩みは遅いのに着実に強くなる人、そして結果が跳ね上がる人・・・
これ不思議な事にどのカテゴリー、どの年齢、男女問わず、それぞれの可能性の有無が見えてきます。
今、全豪オープンジュニアで活躍中の佐藤久真莉選手の小学生時代にテニスをさせて頂いたことがあります。 小柄ながら凄いと感じたのは【展開力】と【発想力】でした。 当時、四年生だったと記憶していますが、今でも体で感じた経験は指導のベースとなっています。
余談ですが、お世話になっている大先輩が運営するhttp://kids-tennis.com/は公式大会ではありませんが、今や国際的に活躍する選手の登竜門となる大会となっています。興味のある方は是非大会にもトライしてみてくださいね。
残念ながらこの大会も来年からなくなるようです。テニスがブーム再来する可能性を秘めた一方で、サポートする環境が少なくなっている気がしてなりません。 確かにこの大会も300万と国内では高い賞金のグレードなのに
☠️セルフジャッジ ☠️オムニコート ☠️観客もいない
兵庫県と言うと芦屋✨三宮✨神戸とお洒落な都会なスポットをイメージしますが、超ど田舎❣️ これも有明と比べると可哀想なのかな?とも思います。 秋元康さん的なプロデュース力があればテニス界も大きく変わることでしょうね🔥
強くなる選手は何が違うのか?
🏆やっぱり試合中に意図がみえる 💀ポイントが絡んだ時のジャッジや人間性、積極性は特に将来性と密接に関係してくる
🏆ショットの組み立てが面白い 💀攻めるポイントはミスしてもしっかり打つ 🌈そして繰…

㊗️YouTube生放送と重いボールを打つために❣️

初のYouTube生放送☀️ トータル4名程ですが、生でご視聴いただきありがとうございまーす😊
https://youtu.be/UEc0FA9-mRs
📚こんな感じで最近お客様から聞いた生の声をあぁだこぉだと述べてみました❣️
実際カメラ📲が回ると話せなくなるかな?と思ったのですが、まぁ、素人ながら本音を語れたかなぁ?と思います。
生放送って訂正できない緊張感がありますよね。 スタッフは皆、試合だったので正に🎋ひとりごつ🎋でした。
ガット張ってる牧野コーチが後ろから援護射撃?^_^汗💦
Instagramのストーリーズに裏からあげてもらいました。 ❤️❤️❤️❤️❤️❤️ ❤️tennising4015❤️ ❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️ ↑ アカウントはこちら
後ろから写すと、ブツブツのたまふ怪しい♂でした😵 それでも数名のフォロワーに観て頂けました🌟

レッスン中に12分も動きを止めて話すことはできないので何かのヒントにして頂ければ幸いです💡
普段、体現している事の言語化ver.だと思います。
今日は、フォアハンドのストロークがコントロールできないと質問を求められたので、ボールを押す練習をおこないました。 スイングが速くなり、加速できるようになってきたら、どうしてもヘッドを速く回そうとしがちになるのですが、基本的には🎾おす🎾動作がないことには🔥重いボール🔥は打つことができません。 テニスボールをライン際に置いてストレートのミニラリー形式とロングラリーでの実施。
試合に出ているレベルの選手でも案外コントロールできないものです。
これが簡単にできるようになってくるとかなりラリーの大きなブレがなくなることでしょう。
そして、明日は仕事で300万のJOPの大会に顔を見て出しに行きます。 応援している選手と日本のトップレベル予備軍の選手はどのくらい凄いのかを含め視察してきます。
恐らく、これからどんどん選手が育って行く時に、きちんと自分の目で確かめて行かないと行けないからです。 選手の育成もイタリア、スペイン、オーストラリア、アメリカと自分の目で学んできました。 今、それがスクールで体現しようとしている状態。 中には、これから世界に向かって裾野を切り開いてくれる下川選手の後を追いかける選手も育って行くことでしょう。
本日も楽しいテニスをありがとう…

すくすくのっぽくん女子U-10 横浜根岸1月大会

当校JS在籍の浜田まりん選手🏆優勝🏆🏅


おめでとうございます㊗️

今年の目標も決まりました❣️
※コーチが勝手に決めた?笑

またまた共に精進しましょう^_^💘

すくすくのっぽくん女子U-12 1月大井大会

当校JS在籍の浜田まりん選手が準優勝しました🎾🏆

おめでとうございます㊗️

浦安ジュニアの速報と大人の大奮🏩

浦安ではジュニア達がしのぎを削って奮闘中❣️

スクールでは大人クラスが奮闘中❣️
「今日、入会してから1番調子が良いかも🎾」とストイックメンバーズ(勝手に命名🌟)のお一人の白バイのカトリーヌ麗子様❤️
「せっかくコーチが球出しして教えてもらってるのに、上手くできないと悪いじゃん?」と労いの言葉まで頂いてしまいました🚔
今日はいつもの回転(https://youtu.be/2J8gRdzEZsw)と前ver.と後ろver.の3つをそれぞれおこないました。
そんでもってオープンスタンス(https://youtu.be/gm3MI3MY6hQ)を球出しで意識して打って頂きました❣️
本日は下川選手のをパクらせて頂き、「右足のつま先を横にセット」を徹底しました。
回転のおかげ?比較的、左足に流れたり、右のお尻が逃げることなくポイントを掴めたかな?と感じました。
その後はコーチ前のローテーション1周目はコーチが速いテンポのボレーで、下半身の使い方を意識的に引き出す事をおこないました。 「ぐっ🔥」とたまる感覚を意識できるとあらゆるショットの⚡️タメ⚡️を習得できます。
今日も熱〜いテニス真っ只中🎾🎾🎾 下川選手の和製版ロジャークラスはラリーの応酬がこだましていました。 あれだけ的確にラリーができれば確実に強くなりますね☀️ 抽象度の高さをラリーで表現できる人物は早々にいないでしょう。
さて、話は戻って、浦安ジュニア🎾 てにしんぐ✖️D-tennisが大活躍❣️ JP狩野選手は準決勝に江森選手は準々決勝にそれぞれの駒を進めました、渡邊選手、松浦選手、JSながらの活躍の長谷川選手は準々決勝をかけた試合で惜しくもタイブレークで敗退、てにしんぐ同門対決で森本選手が菅沼選手に勝利して準々決勝に。 初出場でも全ての選手が奮闘し、次の大会への意欲を示してくれました。 都大会出場の選手に惜敗した選手はこれからの可能性の高さを示してくれました。
とにかくかくにも、付き合いが長くなっていた子達が頼もしい戦士達に育ってきてくれました🌟
また明日からスタッフ一同、気持ちを新たに、次の目標に向かってステップアップしたいと思います🌐
今日も良きテニスをありがとうございました✈️

お客様の気になるテニス感BEST3🏫

いつもの所属クラスでないお客様が違うレッスンに振替で来てくださるとテンション上がります^_^

連チャンして頂く方も然りです🌟

体験のお客様も最近、噂を聞きつけて?チラホラ?YouTubeやFacebook、ブログ、いや、何よりもスタッフが体でテニスを表現してくれてあるからだと思います❣️
今日はお客様目線の生の声で行ってみたいと思います❣️
ストロークの調子が上がったメニューが腰を切り替えして回転する打ち方🔥
https://youtu.be/2J8gRdzEZsw 🎾🎾🎾🎾🎾🎾🎾🎾🎾🎾
これが意外と、好評でした❣️ 多分、新旧どちらの、打ち方にも適していて腰を軸にラケットを振れるからだと思います。 足を入れ替えることで上半身のリラックスを促すのも効果としてあげられるのだと思います。 (このメニューでの打球時はボールを真っ直ぐ飛ばしてくださいね)
1番、最近多いのはオープンスタンスについてです。 https://youtu.be/gm3MI3MY6hQ 🎾🎾🎾🎾🎾🎾🎾🎾🎾🎾
特別なショットだと、思われがちなのですが、ストロークの基本形です💡 例えスクエアで打つとしても後ろ足の動作無くしてはヘッドが回りません。 利き手方向のつま先を外に向けるのをお忘れなく❣️

頑なに前の足を出すと言われてしまうと腰が動かなくなります☠️ つまり、足幅が一定にならなくなるため、頭が上下してしまい、ストロークの威力は愚か、ラリーのフットワークにも悪影響をもたらします。
https://youtu.be/wscB_JXZ_3k 💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣

本日はラケットヘッドの動かし方、アプローチのフォロースルー、アプローチって頭が浮きやすくなるのですが、実はこちらも頭を上下させてはいけないのです❣️by下川選手
飯島コーチはその動きの素早さと反応の良さにズブレフさんに「あの動き、格好いいですよね〜、できるようになりたいです❤️」とお褒めの言葉を頂きました。 レイトン・ヒューイットの頃からプロの試合を観戦し続けているパフォーマンス輝くお客様に言って頂けるのは嬉しい限りですね❣️
皆さん、ボレーとラリーの精度がすこぶる上がって参りました❣️ 合宿も真剣にご検討頂きありがとうございます😊
明日は看板、下川選手も参戦予定⭐️ 熱いテニスが…

市川浦安YouTubeLIVE配信決定?バックハンドのコツ🎾

YouTube LIVE 始めます🎾🔥
毎週月曜日14:35〜14:45 毎週金曜日23:00〜23:10
月曜日はオンコートにて✨ 金曜日は加藤コーチの部屋にて✨
なんとご縁があって、10万以上の登録者を持つYouTuberさんからアドバイスを頂いたのがきっかけです。
「まだまだ、早いのでは?」と感じていたのですが、大先輩のアドバイスもあり、しのごの言う前に先ずは挑戦してみたいと思います❣️
全てがアドリブなので緊張もしますが、元々素人だし、実は加藤は大学出て、会社員して、役者の学校に2年ほど通っていました🌟笑
若いスタッフ達もサポートしてくれるので面白おかしく、真剣に、そして等身大でTRYしてみたいと思います❣️
色んなつながりがあって個別にLINEをくださったり、FacebookやInstagramで質問やメッセージをくださるお客様も増えてきました。
🙇‍♂️ありがとうございます❤️🙇‍♂️
90分のレッスンは当校では 💯先ず動いて打ってもらう 💯繰り返しコーチが台になる 💯しっかり打ってもらう
アドバイスも差し上げていますが、上達には実際に打つ事が何よりも大切になってきます🌟
そして、スタッフ達もお客様同様テニスに対しての大きな目標を掲げています🎊
YouTubeでは文武の✏️文✏️を伝えて、それぞれの練習環境で文武両道が発揮できる💡きっかけ💡にしていきたいと思います❣️

https://youtu.be/XtktV7ffA4A 🎾両手バックハンドのコツ🎾
https://youtu.be/wscB_JXZ_3k 💀ストロークの盲点💀
https://youtu.be/gm3MI3MY6hQ 🎾オープンスタンスデモ🎾

来週はオープンスタンスについてアドバイスして欲しいとの事でしたので、しっかりと該当レッスンではレクチャー差し上げたいと思います💪🔥
両手バックハンドのワンポイントアドバイスも上げておきました❣️
いつもこんくらいアップできると良いのですが、笑
浦安ジュニアいよいよ開催ですね🏆✨
土日も益々賑やかなテニスdaysとなりそうです🎾
LINE👉👉👉ichiura✨

テニスってどれくらい努力すればいいの?そしておめでとう㊗️

今日はおめでたい日🏆✨
当校JS所属の山崎選手が外の試合で初勝利❣️ しかも2勝してきました⭐️
何が素晴らしいかと言いますと㊗️初勝利㊗️ってのは案外取れる子はとれるのですが、初めての大会で勝てないと結構続いて勝てなかったりします。(ドロー運含む) 彼は自分のプレーを良い意味で貫き通すため、今回の勝利は大きな飛躍につながること間違いなしでしょう💯
本人は聞くまで教えてくれず、恐らく、もっと良い報告をしたかったのだと思いますが、これってかなり凄いことだと思います。
負けれど腐らず❣️
コーチとしての最大の役割は成功体験だと言うことを本人にインプットさせること☀️
特に週一回90分から、昨年週二回に変更、最低でも3回は必要だと言われる選手の取り組みの中でこの勝利は後の大きな飛躍につながることでしょう⭐️ 球拾いやテニスへの取り組み、全てにおいて直向きな彼だからこそ、成し得た技だと思います。
ここからは更に大きな戦いが待っていることでしょう🔥
上はシニアの大会でプロを目指す自己研鑽を積み重ねる選手から初勝利を手にした将来の有望プレーヤーまで、あらゆる仲間が訪れるテニススクールを運営できることに感謝します❣️

今日はどのレッスンでも 🎾オープンスタンス🎾 🔥オープン🎾スタンス🔥デモンストレーション❣️
https://youtu.be/gm3MI3MY6hQ
✨できたてホヤホヤ🔺🔺🔺 オープンスタンス🎾のデモンストレーション

👼基本と応用を行いました👼
テニスのストロークは腰の動きに帰結します❣️ 🔺🔺🔺🔺🔺 https://youtu.be/2J8gRdzEZsw
そして、よくあるあまりオススメできない変な癖がつく可能性のある練習法はこちら 🔻🔻🔻 https://youtu.be/wscB_JXZ_3k

途中は選手のトレーニングや球出しなども空き時間に行いました💯
テニスの初心者からプロフェッショナルが今日も共に精進しましたょ❤️



ドロー運が悪い人の天命とは?

ドロー運ってありますよね?
なんか同じ大会出ているのにいきなり強い人と当たりまくる選手❣️

でも、それって更に強くなる資格🎾が与えられた人の特権なんだと思うんです。

もっとあなたは上にいける資質を兼ね備えているから強くなりなさいってね💯

人生と同じで不公平なように見えて公平なこの世界🌍

例えば、イチロー選手って高校時代に大きな事故に遭って、投手としての道を諦めざるを得なかった?ってご存知でしょうか?

速球が投げられなくなったのです。

更にドラフト4位でオリックスのみが指名しましたが、打ち方で監督と折が合わず一軍に上げてもらえなかったのをご存知でしょうか?

今や、世界的に偉大な大打者となりましたが、遠回りどころか、野球自体を諦めざるを得ないくらいの他人から見れば辛い、苦しいと形容すらできない程の経験を乗り越えて行きました。

途中でリタイアするか?最後に振り返ってみて、そう言えばそんな事あって、乗り越えたなぁーと回顧するかは本人次第ですね🇺🇸


急いては事を仕損じる❣️

大器晩成🌟


テニスの神様は🎾あなた自身🎾についている❣️


今日は加藤コーチは寅さん?山下清?の如く、外回り❣️
より、楽しく、真剣なテニスのコミュニティを作るために全国行脚に出たのでしょうか?


今日もテニスな1日をありがとうございます😊

オープンスタンスを使いこなすために

オープンスタンスについて問われた時に

古いテニスの考えだと ☠️楽をする ☠️基本が先だ ☠️若い子の打ち方

となります。

もはや世界の基準はオープンスタンス❣️ クローズドは皆無に近いし、スクエアーだってフロントフットのように蹴り上げるものが主流です⭐️
但し、難しいのは 🎾体重ののせかた 🎾ラケットの振り抜き方 🎾足の使い方
本場でノウハウを身につけてきた下川選手はしん選手同様、かなり深いところまで理解をしたいます。 JPでは特に、D/Eクラスでも先日お客様の質問に単純明快にわかりやすく答えていました。
但し、本当の意味で理解できるのは何年もかかります。 敢え📖深く📖と表現したのは一朝一夕でわかるよしもないからです。
JPの選手とて本能のレベルで理解できているまでには至らない事でしょう。
ただ、ガチでプロを目指す選手は毎日が戦いです。その時その時の語り草はコーチも目から鱗です。
オープンスタンスで力が伝わるとリカバリーや攻撃のバリエーションが多くなります、そして狙えるコースも増えます。 シンプルにボールを飛ばすことはコースを隠して狙ったり、時間的な余裕を持つことが可能になります。
J2、JS、JPと受け放題で来つつ、試合にもチャレンジしている選手は是非とも取りこぼしなく身につける事だと思います。

そんな、オープンスタンス❣️ 今日のJSでは加藤コーチが、ボールが来た方向のつま先を横に向けること(結構、正面向きの人が多い)にフォーカスしておこないました。
https://youtu.be/2J8gRdzEZsw
今期おこなったいたこのメニューが良かったのか?
https://youtu.be/SoeXbEg_U7w
1:53の所から観るとオープンスタンスを見ることができます。
是非ともお試しくださいね💯

すくすくのっぽくんカップ千葉我孫子大会1月 U14

当校JP在籍の山田和弥選手が準優勝でした。

おめでとうございます!
勝利の報告の何倍も苦渋を味わっていることでしょう。でも負けずに挑み続ける努力は一級品だと思います! 大きな目標に向かって共に精進していきましょう!

脳の若さと柔らかさはテニスにも体にも役立ちますょ

祝日お楽しみテニス㊗️🎾
タイムスケジュールが変更して初めてのレッスンでした❣️

9:00〜 加藤 🎾ジュニア🔥
10:00〜牧野×加藤 🎾ジュニア🔥
11:00〜牧野×加藤 🎾大人🔥
12:30〜浅野×加藤 🎾大人🔥
15:00〜加藤×浅野 🎾大人🔥
16:30〜浅野 🎾ジュニア🔥
18:00〜加藤 🎾ジュニア🔥


ヒートアップ❣️
テニスする事が楽しい🚹メンバー🚺目白押しな終日でした📺


それぞれのコーチ達が着目したのは🐾足の使い方🐾アプローチや一挙手一投足の表現は様々ですが、帰結するところは同じなので、人によってはジュニアの時の説明が良かったり、案外大人のレッスンの説明が子供に響いたりするかも知れませんね。

加藤コーチは木刀、牧野コーチはマーカを使って、浅野コーチはラケットを使って処方箋を出していましたね。

ここで面白い?エピソードがあります。
加藤コーチのレッスンの時に物珍しい?木刀を持って「これで打ちたいっ!」って子が出てきました、普通はそんなことさせません!って言うのが大人としてのコーチとしての見解?かも知れませんが、大切なのは「何のためにおこなうのか?」と言った【目的意識】を明確にすることだと思います。

加藤コーチはリクエストに応えてそのまま木刀で打たせてました。
理由を聞いてみると・・・

💡長いため遠心力が体得できる
💡打点が小さいため動体視力を養える
💡創意工夫で固定概念がはずれる

と言った点を挙げていました。


・・・なるほど。。。^_^


発想の転換ですね!

例えば、大人って子供の時に飛び跳ねたりしないから、気がつくと思ったように動けなくなってた!って事、よく見たり聞いたりしませんか?
実は脳の柔軟性が損なわれているため体への伝達信号が混戦している可能性があるんです。
どうしたら良いのか?


「やってみる!」


・・・これにつきますね💪💪💪


例えば最近始めたこの動作↓↓↓




棒の上を真っ直ぐ打球して反対向くだけなのにチグハグだったり、回れなかったり、打てなかったりするんです。笑

当校スクール生はかなり優秀でしたよ💯

好奇心と意欲が不安よりも大きく勝るのでしょうね❤️

脳が若いと気持ちも弾みます❣️

足は第二の心臓と言われています。
テ…

理解を深めると夢が叶う「純粋」と「素直」の定義について

純粋とは▶︎まじりけがないこと。邪念が全くないこと。
素直とは▶︎考え・態度・動作がまっすぐなこと。ひがんだ所がなく、人に逆らわないこと。
ここで引っかかるのは「邪念」の部分。 人間は元より性善だと定義すると、純粋とは自己に向けられる意識の高さや葛藤であり、例え他人と比べたとしても最後は自分自身に帰結するため、基本的には自分のために本心が存在します。一方で相手を敬ったり、敬意を払うなどの利他の心も持ち合わせています。
他方で「素直」とは。 まっすぐな分だけ、間違った方向だったとしても受け入れてしまう可能性があると言う点に危険性が介在します。
http://d-tennisichikawa.blogspot.com/2019/01/blog-post_13.html?m=1 ※詳細は先日のblog下段の方に記載


先日のアドバイスの下りでお話しすると、テークバックが大きいとアドバイスされてコンパクトにした、腕がめちゃくちゃ痛くなった、でも、そのまま取り組み続けてしまった、結果、テニスが出来なくなってしまった、怪我をした。と言う結果になってしまう事が、この「素直」に該当します。
https://youtu.be/2J8gRdzEZsw
※基本的な運動連鎖はこれが1番感覚的に優れていると思います、元々、足と腕の動きができる方は大丈夫です!

ここでのお客様の対応は、「疑問」に感じて改めて第三者に確認▶︎邪念なく、自分の心に投影▶︎やっぱり違う▶︎従来の方法を継続、つまり「純粋」な心持ちだったため事なきを得ました。

これはお医者さんで言うところの医療ミスとか副作用を説明しない処方箋に該当します。 でも、趣味だからと言って軽視されがちですが、趣味だからこそ、「純粋」であるべきだと思います。
特に試合に出ると勝ち負けが人間性まで決めるかの如く作用します。 でも、世界的視野でみれば、賞金付きの公認大会なのか、そうでないかが重要視されます。世界のNo.1ブレーヤを育てた選手のコーチをみても話さないとわかりません。オーラを隠しています。またテニスの試合で賞金を得る、かつ(または)スポンサーなどがついて生計を立てているかが趣味との境界線になる事を理解し洗脳された頭の中から消し去る事をお勧めします。
「純粋」であることは実に難しく、一方で奥が深くテニスの神髄だという点を受け入れると全てのことが…

強くなるために必要な姿勢とお悩み相談(コーチのアドバイス)

全豪オープンがいよいよ開幕ですね!
AndyMurray選手の衝撃的な引退はトッププロの過酷さはもちろんですが、痛いそぶりや不調な雰囲気を絶対に見せない、スポーツマンシップを超えた素晴らしい人格者としての姿だと思います。
テニスのレベルや結果はそのレベルまでは長い道のりかも知れませんが、上手くいかないからとラケットに当たってみたり、気の抜けたプレーをしたり、本気出してないんだぜぇーアピールをしたりせずに一心不乱に取り組むことは明日からでもできる事だと思います。

陽気の発する処 金石また透る

積極的な気持ちを持てば全てが上手くいく!

出来ることから今すぐにでもやる人と先延ばしする人とでは何年も経ってみると大きな差になります。
今日はパワーアップした三平師匠に和製版ズべレフとセレナさんにも翻弄、タジタジの幕開け! 竜崎蘭子氏の波動球に、時折受ける八尺瓊勾玉に大ダメージを受ける加藤コーチ、、、 その加藤コーチに足を引っ張られる飯島コーチ、、、花の共演が共鳴して来年公開?予定のエヴァンゲリオンQ並の盛り上がりをみせました。
飯島、浅野両氏のレッスンも静かな闘士から派生して「すみません」の謝罪まで明るく元気よく!今年の絶好調を予期するかの如く時間が進みました。
今日はお悩み相談?を
遠方からも、スクールを重複してお越しのお客様がしばしいらっしゃるのですが、どうも「テークバックが大きい」と言われコンパクトにとアドバイスされたらしく、to the worse 真面目に取り組んでいたら腕が痛くなったのだけどどうなんですか?と言うご質問。
体全体が筋肉痛になるとかであれば、良いと思いますが、腕だけが痛くなるのは間違いです。 勿論、その方に合った打ち方があるのは前提ですが、体の一部に極度の負担がかかるのは大きな間違い。 運動連鎖と体の使い方が大切で、更にはインパクトポイントから逆算することが重要です。
テークバックがきちんとしていないと効率よくラケットヘッドが加速しません。
結構、deny▶︎否定する コーチもいるようですが否定するのは周りから見てよくない態度だったり、取り組み姿勢やマイナス思考と言った事だと思います。マイナス思考は発想の転換で逆に取れるので「気づく」ことができれば大逆転要素にもなります。
技術は結果に対しての処方箋なので、例えば、「思い切り打ちたい」と思うのはOK、し…

神奈川 横浜東戸塚大会 1月(2)

U-10のカテゴリーで当校JS在籍の浜田まりん選手が優勝しました!

おめでとうございます! いつも挑み続けるチャレンジャー精神!素晴らしいです(^o^)

テニスが強くなるためには?長期的視野で

「苦手」と「弱点」は違います。

弱点はそこを狙うとかなりの確率でポイントが取れる要素で、苦手は得意があってそれと比べると劣るかな?って感じです。
苦手は得意につながりますが、弱点は得意まで漕ぎつけるが困難です。

大きな夢を描いた時に大体の人は小さな階段をコツコツと登りつめて行きますが、実際にはきになる頂点目掛けて駆け抜けていきます。

何のことか?と申し上げますと、テニスについてです。

苦手なショットがあっても工夫して得意なショットにつなげれるために試行錯誤すればOK!!
指導者としては弱点を作らないようにすることが急務。

大きな大会はまだレベル的に・・・なんて思うかも知れませんが、もし出ることができる大会なら出るべきでしょう。

スカイツリーの頂上から大地を見下ろすと高層ビルと普通のマンションだって低い位置に存在します。
より高みを目指すと中位の目標が通過点になるのです。


今日のJ1/J2では、将来弱点を作らないように、得意なショットを見つけるようにレッスンが、試合に出る子達にはしっかりとサーブからポイントを取る事ができるようにとレッスンが行われていました。

JPクラスにはしん選手が昨日の大人レッスンに引き続き参戦してくれました。
実は冒頭の言葉は彼とレッスン後にある選手について話をしていた時に出てきた会話です。

実際に高いレベルの試合で臨場感を味わっている彼の言葉は説得力がありますし、自分自身もそのように共感できる言葉ばかりでした。

スタッフの子達もそうですが、「今を等身大で向き合って生き抜いている」点では皆、共通しています。

それぞれの人生をテニスと言うフィールドで段階に応じて体現してくれています。

あなたはどのスタッフのテニス観に近いかな?


強くなる人は抽象度が高いと話をしましたが、理論じゃないんです。
もっと深いところ。

明日もまた多くのテニス観が共鳴する1日になりそうですょ^_^

今日もありがとうこざいました!

テニスを通じて人生を学ぶ?

本能的に感じることが人間1番大切だと言うのは実は昔からの道しるべです。

体調を崩したり、やる気が起きなかったりするのは自分の意志に反しているからだと言うことに他なりません。

レッスンをしているとお客様の楽しさと真剣さはコーチ次第、そしてお客様から増幅して跳ね返ってきたPOWERをさらに大きなエネルギーにして返していく、この相乗効果が毎週のレッスンを朝の連ドラやトレンディードラマとして創っていきます。

視聴率に当たるのは参加人数や参加率、しかし熱狂的なコアな皆さんとご一緒にテニスするのは秋葉原の小ホールでデビューし始めたAKB48の如くです。

今日は紅白歌合戦で言うところの小林幸子?美川憲一的な大御所コーチが来てくれました。

やっぱりテニスが強い、でも、凄くみせないところが鬼凄く、尊敬します。

結構、一念発起、孤軍奮闘して元テニスをされていたお客様にご入会頂くのですが10年ぶりおか言いつつも目は真剣、休憩もままならずプレーを再開されます。
中には初心者レベルから週一でもぐいぐい上達される方もいらっしゃいます。
勿論、テニスの回数は多いに越したことはありませんが、一回の抽象度の高さも大切になってきます。

当校に来てくれたテニス界の破壊神ビルス様は、まさかの雪でテニスが出来ないからのトーナメントスタート、しかしながら1ポイント、1ゲーム、1セットを繰り返し無駄なく戦い抜くことで予選を勝ち上がりました。

お昼は下川選手と練習、レッスンの合間に飯島選手、浅野選手と混ぜてもらい、良い経験をさせてもらいました。

練習の取り組み方や要所要所の意識の仕方が深いんだなぁと再確認させられました。

^_^ジュニア達の意識も高くなり、週2、週3も増えてきました。

テニスを通じて心技体共に彼らのようにパワーアップして頂きたいと思います!

体と心が強くなる方法!

イチロー選手の朝カレーって実はホームの時の80日弱だったと先日知りました( ̄∀ ̄)
ほぼ毎日食べているのは牛タンだそうです。
肉って結構、大切なんだなぁ?と感じました。
過去に遡ること何十年も前、、、あの長嶋茂雄さんや王貞治さん、、、往年の名選手含めプロ野球選手は焼き肉を食べまくっていただとか?? 野村克也氏の著書で記憶しています。
テニス選手もしっかり肉食いましょう! 体重が増えない人は特にですね!
下川、飯島は増えない男子、加藤、浅野は減らない男子、、、
体重が増えない人は ▶︎同じものは飽きやすい ▶︎間食ができない ▶︎スポーツ前後はお腹が空かない
体重が増える人は ▶︎同じものでも量を多く食べることができる ▶︎合間に食べるのが苦でない ※間食に見えても少ない人の一食分は食べれる ▶︎スポーツ前後でも半人前は食せる

筋肉をつけるにはまず、体重がないといけまけんからね、当校のジュニアは増えない子がほとんどだと思います。
食べるのもトレーニング! 本当に上を目指すのであれば、勝てば勝つほど休みがなくなります。長期戦を戦い抜くには体力のみならぬ体重が必要になります。
個人の経験科学ですが 160cm代なら60kg 170cm代なら70kg 180cm代なら78〜80kg 190cm代になると85kg前後
こんな感じでしょうか? 女性は3〜5kgは減かも知れませんが、しっかりした身体が大切になってきます。
当校に通ってくれている子は皆、「素直」な子ばかりです。 大人も勿論、「純粋」の塊だと感じます。
そこには「テニス」を通じて心技体共に己を鍛える共通項があります。
他人にアドバイスする事もなければ、うぬがこだわりを押し付ける事もありません。
エフィカシーの高い「個」の集合体が抽象度の高いテニスを展開しています。
コーチ達も勿論、その点においては抜かりありません。
午後のオープンコートの時間を見つけて浅野、飯島、齋藤が下川の胸を借りて練習をおこない、ダブルスをしていました。
お互いを高め合う空気がコートに継続して漂っています。
明日はアオノの300万のJOPの大会を見事に勝ち抜いた、しん選手が朝一レッスンに参戦してくれます。
本物の「氣」が切磋琢磨、比類なきゲシュタルトがコートを包みます!
明日はどんなテニスが展開されるのか?
テニス上達著しきピーチ姫、グリップ…

コーチも共に成長し続けます!試合に勝つためには?

今日の午前中のレッスンは【足の使い方】

https://youtu.be/2J8gRdzEZsw
詳しい内容は上記でご確認ください↑↑↑
アスリート系大和撫子揃い踏み❣️
🎾通常の腰の使い方 🎾攻める時の腰の使い方 🎾守る時の腰の使い方 (カウンターショットも打てます)
足の置き方、腰の使い方、腕に意識が行くとなかなか綺麗なボールが飛びません❣️
コーチ前のストロークを4種類しっかりおこないました🔥
夕方レッスンの前に来週試合の浅野コーチをピンポイントでレッスン🎾
30分しかなかったので、要点をかいつまんでピンポイントで練習。 勿論、浅野コーチはその前に練習してきています。
当校で言うとJSレベルあるかないかの生徒でしたね、浅野コーチ。 一大決心をして昨年は1年間試合を戦い抜きました。 今年は昨年より活躍をしてくれることだと思います!
練習内容は下記の通り ▶︎ラリー ※アップ ▶︎スライスの返球 ※FH、BHバージョン →それぞれをクロスに返球 →センターから展開 ▶︎ショートボールの球出し
https://youtu.be/d4MIRH4yliU
どんな練習をしているか観たい!とご意見を頂いたのでただただ練習してるところをコートサイドから撮影してみました。
おおよそは、試合の中で上手くかわされた時にしっかりラリーで展開していくための練習を目的としています。
グイグイ押してく浅野選手に対して、スライスや浅いボールを巧みにペースダウンしながら展開していく相手を克服する意図が盛り込まれています。
筋書きのない練習! 浅野選手のリクエストでメニューが成り立っています。
そいでもって、60分のジュニアクラスではベンチを用いて正しい順回転のかけ方、90分のジュニアではまたまたカウンターショット、テンポの良い切り返しの練習をおこないました。
浦安ジュニアも、近づいてまいりました! 皆さんの成長が大いに楽しみです❤️


世界の名コーチは冗談8割、本質2割

なぜ学校がつまらなくなってしまうのか?習い事が楽しくなくなってしまうのか?

例えば授業が楽しい人気の先生は雑談力に優れています。塾の人気講師の先生も科目とは関係のない話が上手!
つまり、学校=勉強するところ、友達を作るところ、集団行動を学ぶところと言うのは子供心に本能的に感じているから、本題のことを無理矢理詰め込まれても拒絶反応が出てしまうのです。 学年1位の子も何人かテニスしに来てくれていますが、本人達に共通するのは「自分と常に闘っている」「周りの批評には興味がない」点にあります。 直接聞いた子もいるのですが、自分が学ぶことで新しい発見があるのが楽しいと、成長していく過程と1つの形として結果が出たことが嬉しいようです。

テニススクールも同じ事が言えます。
「テニスとは何か?」を伝えるのはコーチの責務ですが、理解ができている子は取り組む楽しさや成長する喜びを自然と感じる事ができます。
習熟度があがると直ぐには上手くいかない事が増えてきます。 また、関係ない事を話す事で頭がクリアになり、少し視点を変えて現状を捉えたり、ガス抜きする事で世界が広く見えます。
お昼のイベントでは浦安ジュニアに出るためマッチ練習がおこなわれました。
全体を通しては足の置き方、使い方、フラフラしない、しっかり打つ動作をおこないました。 とりわけJPクラスでは差し込まれた時のカウンターショットを練習しました。 結構良いポイントのラリーが展開されましたょ^_^
/NEW/威力のある球を打つ方法✨ストロークアップ🔥
https://youtu.be/2J8gRdzEZsw
先週からステップアップのクラスで行なっている足の置き方! 是非、お試しください!!

松戸テニスクラブ中高生シングルス

中学生・高校生 男子シングルス
当校JP在籍の渡邊陽登選手が準優勝でした。
コツコツ取り組む姿勢に脱帽です!
この調子でどんどん強くなってください^_^
おめでとうございます!

観る!見る!聞く!知る!感じる!興味を持つ!テニス上達の鍵が盛りだくさん!

朝からテニスが盛りだくさん!

打ち方が格好良くなったなぁーって人は大抵プロの試合を観ている人!勿論、海外のトップ選手です。

約1週間ぶりにあったジュニアの子のフォームが未完成ながら大きく迫力のあるものにみえたので聞いてみると、お正月にYouTubeでプロの試合を観まくっていたのだとか。

ズべレフ似の成人イケメンプレーヤーのお客様はテニスを観戦するのがめちゃくちゃ好きなのだとか?

まさかの、アンディーマレーがウインブルドンで優勝した時に現地にいらしたと聞いたのは羨ましい限り、羨望の眼差しで見ちゃいますょ。

お悪魔ファイターあんみつ姫も良いボール打つようになったなぁーと思ったら、休みの間は壁打ちに足繁く通っていたらしい・・・

お正月開けの大人のクラス、、、5人と少数だったのですが、お客様同士のポジションは休憩してもOKですょぉーと言っていたのにメインコート以上に真剣にラリーが展開されていたのにはビックリ仰天!青天の霹靂!

それだけ皆様の「テニス愛」が強いんでしょうね。
まさに少数精鋭!

日々、自己研鑽のためにトレーニングしているコーチ達以上の熱さと強さと神々しさを目の当たりにしました!

下川選手のレッスンも4名と精鋭達のラリーがコート狭しと応酬していました。

新たに加わったeastseaboyとジェントルマンさん、外から見ていて楽しそうなクオリティーの高いラリーでした!

軟式テニスを挟み、JP、JSとどのレッスンでも共通しているのが

▶︎状態が浮かない
▶︎頭が上下しない
▶︎そのためには下半身の粘りが大切


下川選手のクラスは試合経験者など実戦を経験しているお客様が多いため、シンプルかつ奥の深いピンポイントなアドバイスで、その積み重ねをお客様ご本人に委ねます。
実際、試合で頼れるのは自分自身、誰にも真似が出来ないピンポイントなラリーで最大限にお客様の能力を引き出していました。
あっぱれ!

加藤コーチのレッスンでは足の使い方をレクチャーしていました。
【足幅】ってかなり重要で、実際の打球の中ではしっかり意識ができません。

そのため打球方向は真っ直ぐに決めて打球後の足を入れ替えるイメージを体感してもらいました。

ラケットを一本置いて、それをまたぎます。
素振りをした後に足を入れ替える方法です。

例えばフォアハンドだと左足が…

テニスを求むるはサイヤ人の如く

早速の合宿のお申込みありがとうございます!
「早くいっぱいになりそうだったから!」と嬉しいお言葉も頂きました!
期待にお応えできるよう、コーチ達は日々の鍛錬に気合いが入ります!
現在4名!
今年最初の市川浦安外での素敵な想ひ出を作ってみませんか?

さて、土日最初のテニスはどのレッスンでもしっかりラリーがおこなわれました!
しょっぱなの小学生クラスではサーブとストロークを重点的に!
ストロークの威力は一朝一夕ではできませんが、正しいステップを踏む事で無限大の爆発力を蓄えます。 サーブは握り方、ラケットの抜く方向はこれまた可能性を無限大に近づけます!
ストロークとボレーを威力あるものにするには共通のポイントがあります。
http://d-tennisichikawa.blogspot.com/2019/01/blog-post_5.html?m=1
↑↑↑ 威力をあげるポイントはこちらに掲載

当たり前の事ではあるのですが、結構忘れがちです。
大きなパーツを効率よく稼働させる事が何より大切になってきます。 腕の力よりも体全体を使う方が簡単にボールの重さや強さを増やす事ができます。
本日から3連続になった勇猛果敢な猛者揃いの成人レッスンではどのコーチも死力を尽くして台になりました。
お後の初心者クラスでも飯島コーチの抽象空間の広さと高さが伺えました。
ネットを用いた浅野コーチの球出しはなかなかオツなものでしたょ!
下川選手の深さのコントロールのゾーン練習やリターンの精度の練習も実践さながらの恐らく経験からしか得られない抽象度の高さを醸し出していました。
安直にポイントを求めるよりもしっかりした当たりのボールを打つこと、そしてそれをしっかりコントロールすること、さらにはファンタジスタの如く広い視点で展開して主導権を握る奥深さをどのレッスンでも段階に応じて垣間見る事ができたひねもすでした!





ボレー、ストロークの威力をあげる

ストロークもボレーも共通して言えるのは【足の動き】!

特にストロークはインパクト後に足が残ることが多いのですが、実際は最後はしっかり回ってきます。 強い球でのラリーの場合は足がでない場合もありますが、そのつもりで打球する事が重要です。
ボレーもインパクト後に強く打とうとしてダウンスイングでスピードを出しに行きがちですが、打球方向に足を出す事の方が結果、強い、そして、重い、かつ相手にわからないようにコースを隠して打つ事ができます。
ストロークでは足幅を保ったままくるっと回してくる、ボレーでは前の足をしっかり打球方向に出す事が威力をあげる最短、最善の方法になります。
足の捌き方!是非ともトライしてみてくださいね!

2019年レッスンスタート^_^

牧野コーチから始まり、浅野コーチで盛り上げ、飯島コーチで高さをキープ!加藤コーチで最高潮!
年始1日目のレッスンはテニス人に囲まれた1日でした!
それぞれの新年の抱負を胸に勢いよくスタートしました!
今年は更なるテニス人の皆様と巡り会うこと、既存のテニス人の皆様と共に精進することを目指していきたいと思います!
合宿の案内も始まりました!

少数精鋭のこの企画! 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております!
今日もコーチ、お客様共に走り抜けました! ラリーをする喜び、良いショットを打つ爽快感! 全てはこのためにあります!
ボールに対する入り方、良いボールを打つためには?
下記の点に留意しながら年始早々、老若男女全ての方が素晴らしいラリーを繰り広げていました。
それぞれが色んな思い出レッスンを差し上げますが根幹にある思いはただ一つ!
テニスが楽しい! テニスがもっとしたい! テニスが強くなりたい!


http://d-tennisichikawa.blogspot.com/2019/01/keypoint.html?m=1
上半身の使い方↑↑↑

↓↓↓下半身の使い方
http://d-tennisichikawa.blogspot.com/2019/01/blog-post_3.html?m=1

1つのボールに込められ思いはそれぞれの想いとなり、重い意思が強い意志となり具現化できる明日を求めて精進していきたいと思います!
明日もよろしくお願いします!

そして今日からレギュラー参戦のJPくらすの初谷選手、MITG団体戦優勝おめでとう!

明日もテニス人と共に!
新年早々良いことがたくさん起こりそうです!


上半身の難しさとKEYPOINT!

先日は下半身のお話。
http://d-tennisichikawa.blogspot.com/2019/01/blog-post_3.html?m=1
↑こちらをご参照ください!
本日は上半身のお話。
テークバックから始まり、ラケットヘッドダウン、インパクト、フォロースルーと一連の流れは今昔同じなのですが、まず、テークバックの概念が大切になってきます。
ラケットを引く事=テークバック=開始動作と解釈しがちですが、大切なのは「上体のターン」! 実は一般的概念なテークバックはそのあとの動作を指します。
ジュニアや初心者を教える時に「はい!ラケット引いて〜」と言いますが、これは1番大切な打つまでの動作▶︎ボールに当たる最重要課題を意識させる手法であり、スイングの最終形態ではありません。
ただ、全く打てない人が上体のターンを教わってもヘッドダウンせずにスライスの当たりになる傾向が強いため、この方法が用いられます。
段階を踏めるコーチであれば、この後に上体のターンを指導します。
また、同じような理由で、「構えて!」とか「スプリットステップして!」最近では「ニュートラル!」なんて言って、その動作を強調するケースが少なくありませんが、こちらもケースバイケースで、感覚が良かったり、球技が得意な人は容易にできますが、運動が苦手だったり、非球技のスポーツをしている武道や陸上、水泳、ダンスなどにも当てはまるのですが、かなり難しい。
テニスで何が大切か?
【ラケット】に【的確】に【無駄なく】ボールに【力を伝えること】にあります。
構えやスプリットステップなどを先にさせてしまうと、その動作がメインになってしまい、肝心なインパクトで効率よく、順応性のあるボールを打てなくなってしまいます。
足を動かして〜とおしっこしたい子供?おもちゃを買ってもらえなくて駄々をこねる子のようにバタバタとさせる場面もジュニアでしばしある風景ですが、これが優先的にインプットされてしまうと肝心な打球センスが磨かれなくなります。

先ずはインパクトから逆算した打ち方と、それを下半身から如何に伝えるか? 今年のテーマにしてみてはいかがでしょうか?





テニス!下半身の使い方

本日は下半身の力の伝え方のお話!
※実はメールで送信しているのですが、送信したはずの文章がどっかにいってしまいました
簡潔にお話しますね♪
テニスの動きは大きくわけて ▶︎並進運動① ▶︎回転運動② ▶︎上下運動③
多くのお客様が間違えてしまう。 またはスクールの教え方が古くて過去の技術を教えてしまう。
一般的にレッスン中に簡単なカウンセリングをしていると多いのは
①▶︎③
または ①②同時▶︎③
または ②▶︎③
です。
良くあるワードが 「踏み込みながら打つ!」 「膝を曲げて、伸ばして!」 「体重移動して!」

う~ん、絶対的な間違いじゃないけど、確実に正解ではない。

大切なのは
▶︎軸を作る(どちらかの足) ▶︎捻る ▶︎頭を上下させない ※特に足幅が重要
②▶︎インパクト①▶︎③がおおよそのイメージです!
1分間未満お正月太りも解消!
下半身の基本的なトレーニング方法は
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=KgBWWQ6KjAk

ポイントは ▶︎足幅をかえない ▶︎できれば肩幅より広く ▶︎ジャンプする ▶︎打球後の安定感も欲しい人は1秒〜2秒程静止

書くのは簡単なのですけど、微妙なニュアンスが伝わらないときは是非ともレッスン受けに来てくださいねっ!
オンラインでも個人のスキルに合わせてご提案差し上げますょ!

LINE ▶︎ ichiura
明日から新年営業開始します^_^

テニスが難しい理由と体の3つの意識!

新年初のスキルアップ講座の投稿です。

テニスの難しさは下半身と上半身、そしてラケットへの力の伝わり方+ボールをスイートスポットで捉える、しかも無駄なく力を伝える点にあります。

ちなみに「真ん中」ではなくラケットの上から5本目から8本目あたりが通常スペックのスイートになります。

ガットが切れるおススメポイントもここです。

下半身の難しい点はボールに伝えるための使い方ができないと無意味に終わってしまう事。

よく、ラダーやミニハードル、その他を取り入れている光景を目の当たりにしますが、ラケットもボールも持たずにおこなってテニスのレッスンとして成立しているように見えますが、せめてラケットを持つ、ボールを取り入れなければ直接的な効果が得られるとは言い難いと思います。

上半身はさらに難しい、、、
ボールに全体の力を伝える点と、下半身のエネルギーをロスなく仲介する役割を担います。
おおよそのプレーヤーは上半身からラケット、ボールで完結。一見、下半身が使えているようでも状態の捻りが不十分だったり、スイートスポットに当たっていてもインパクト後のスイングが減速してしまっています。膝を曲げるもインパクト直前に伸びきってしまって、結果、減速してしまっているケースも多く見受けられます。
インパクト前後の腕の動きは更に重要になってきます。
例えば、ストローク!スピンをかけようとフェイスをふせたり、手首でこねたり、ワイパースイングなどは愚の骨頂で、正しいスイングを覚えずに安易に用いると怪我の原因につながります。スライスショットやボレーは手首でちょん切ったり、より回転をかけたり、スピードを出そうとするためにこの傾向に陥るのですが基本は至ってシンプル、当たる瞬間に力を入れる動作のみになります。


サーブもグリップからインパクト、足の知らず知らずの動きなどを考察しても、この下半身、上半身、ラケットへの力の伝わり方がキーポイントになってきます。

女性の方のグリップの厚さの割合はどのスクールで見ても8割はコンチネンタルグリップで握れていないと思います。

今年はどのようにすれば上手く伝える事ができるのか?段階的に取り組めるのか?いつものラリーの流れを絶やさずに共に精進していきたいと思います^_^

新年あけましておめでとうございます^_^

今年もどうぞよろしくお願いします!

営業は1/4(金)からです☆

今年はさらに大きなテニスプームを市川浦安から初心者からプロの世界まで席巻していきたいと思います!

写真は当校在籍の子が今流行りのアプリを使って制作してくれました!

加藤コーチ
牧野コーチ
下川選手
浅野コーチ
飯島コーチ

それぞれどれかわかるかな?

新年早々素敵な皆様に支えて頂き、今年もさらに幸せな年になりそうです^ - ^