スキップしてメイン コンテンツに移動

子供が不幸にならないために

子供を不幸にする一番確実な方法は何か。
それをあなた方は知っているだろうか。
それはいつでも何でも手にいれられるようにしてやることだ。

「社会契約論」で有名な哲学者、ルソー(本名ジャン=ジャック・ルソー)の名言です。

◎本当にその子にとって、それは必要なのか?
◎本当にその子は必要としているのか?
◎本当にその一挙手一投足で将来がプラスになるのか?


何かを始めるときに必ず最低必要限に用意しないと駄目なものはあります。

例えばテニスにおいてはテニスシューズ、テニスラケット、スポーツウェアなど。
ガットやグリップは使用頻度に応じて変える必要が出てきますが、ウエアーやシューズ、時にはラケットでさえも必ずしも最新のものである必要かない場合もあります。

欲しいものがすぐに手に入ると言う事は、手に入らない人から見て一見、幸せなことのように思えますが、何でもかんでも苦労せずに手に入ってしまえば、自分自身の考える力を失ってしまいます。

他の人から見れば気がつかない位の小さなハードルにさえつまずいてしまう可能性もあります。

具体的には、思春期の子供に例えてみるならば、僕はあの子が好きなのにあの子は好きになってくれない。振られた挙句に「僕のどこが悪かったの?」と平気で聞いてしまうような無粋な輩になる可能性もあります。

例えば、この友達と仲間になりたい、あの輪の中に入りたい、グループに所属したいなどと考えたときに、権威ある人間(学校の先生や親、指導者に準ずる人々)が「〇〇君、〇〇ちゃんと仲良くしてあげてね」といっても目に見える形だけは成立しているように見えますが、内面的なつながりは希薄なものになってしまいます。


「与える」と言う行為は、物品はもちろんのことですが、きっかけや、チャンスなどの目に見えない要素も含め成立する事象だと思います。


「成績を残す」と言う事は文武問わず、その規模が大きくなればなるほど第三者的要素が大きく本人にのしかかってきます。

◎その時に、どのように乗り越えていくのか?
◎その時に、どのように取り組むべきなのか?
◎その時に、どのように考え抜くのか?これは、

与え続けられた人間には難攻不落の城であり、叶わぬ願いとなってしまいます。


「与える前に必要なこと」それは、どのようにすればその願いが叶うのか?毎日(毎回)の会話の中から「察する力/思いやる力」のフィルターを通しつつ導くための「きっかけ」をその都度、示唆したりほのめかしていく必要があるのだと思います。

子供を指導するにあたって1番気をつけたいこと、「その子は一体今何を目指そうとしているのか」これをいち早く察することで、少しずつ1ミリでも2ミリでも進むことができるように導くことだと思います。

うまくいかなくてあきらめがちな子には、すぐに諦めてしまう態度に対して指摘をします。
少しうまくいけば、成長しする前の自分自身に打ち勝った事実をさらっと伝えます。

ある程度上手く行っても、ふざけてしまうような子には、試合で将来的に勝ちたい子だった場合は試合を彷彿させるような苦言を呈します。

集中力が切れてプレーが散漫になる頃には、そのきっかけとなる少し気持ちが抜けたときの現行犯を指摘して、プレーが上手くいかなかった時にフィードバックできるように伝えるようにしています。


千差万別、人それぞれ、「きっかけ」のタイミングは実に奥が深く難しいものです。
同じ食材で料理の鉄人と一般人が調理したとしても、具材やスパイス、隠し味を入れるタイミングによってその料理が雲泥の差になる如くです。


きっかけ作りの鉄人目指して精進したいと思います!


おススメblog記事
オススメYouTube/てにしんぐTV
▶︎打点を落とさないためにテークバックの改善点
https://youtu.be/T-zYjJFnYbI

▶︎2分で解説!打点を低くしないためのストロークPart2
https://youtu.be/-VdICRGq5rY




宜しければクリックお願いします❣️
人気blogランキング参加中〜

コメント

このブログの人気の投稿

テニスのためのエトセトラ🎾

今日はヨネックスさんの展示会でした。
この後浦安市のファッションリーダーと市川市のファッションリーダーでミーティングがある模様です❤️

https://blog.with2.net/link/?2009474 応援者募集中!!人気ブログランキング参加中
「1日1-Clickよろしくお願いします」

YONEXウエアー、新作モデルに興味がある方は是非とも牧野コーチにお問い合わせください❣️

1タイム目・・・
徹底的に基本のストローク
徹底的にダブルスの基本

打つ➡︎走る➡︎戻る➡︎構えるの繰り返し🔥

2タイム目・・・
徹底的にシングルスの基本動作
徹底的にラリー

3.4タイム目・・・ショット別(各40分)
一貫して球出し&ラリー
技術の基本を繰り返しました❣️

5タイム目・・・ジュニアイエロー1
トレーナーでもある石田コーチのテニスの基本動作をするためのメニューが盛りだくさん❣️
楽しみながら上達できるベテラン17年目の繊細かつダイナミックなレッスンは早々受けることができません❣️

6タイム目・・・ジュニアイエロー2
試合に出るために必要なもの、ことを個々に合わせてレクチャーしました。
少しラリーやテニスの本質が分かり始めて、各技術にも探究心が出始める子達のキモを抑えてレッスンをしました。
肩を回すための運動連鎖の練習方法はテニスを知っているトレーナーだからこその視点です。

7タイム目
・・・試合に出る子が多い本格イエロークラス
部活のレギュラー前後の子達が切磋琢磨したいます。今日はノーバウンドの球出し練習でスイングの的確さと運動連鎖の無駄のない伝え方をレクチャーしました。
合気道家でもあり、整体師としてプロ選手のコンディショニング経験を活かして個々の能力にアプローチしました。
馬跳びで骨がズレてた爽やか好少年くんの骨格リセットをしていました。


🗞市川浦安ニュース
⭕️石田&加藤d( ̄  ̄)ボディーメイク始めました
詳しくは館内POPをご覧ください
テニススクールではテニスの専門家でありながら異色のトレーナー&整体師があなたの健康寿命や筋肉年齢、骨密度をご希望に合わせてアップします❤️
※既に始まっているため空き時間は随時お問い合わせください
⭕️合宿9名/16名
※受付開始中ー
⭕️しんちゃんきちゃう?
市川浦安木曜日来襲〜
can't wait anymore(^人^)
どこのレッスンに来てくれるかな?



中学生以降からテニスの試合に出始めた子が劇的に強くなるための処方箋

試合っていろんな大会があって正直迷ってしまいますよね。
ジュニア時代から英才教育を受けている子は小学生の低学年または3年生4年生あたりから試合に出ていますが、多くの子たちは中学生、高校生から試合に出始めます。
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ https://blog.with2.net/link/?2009474 毎日1-Clickご協力お願いします
ブログランキング参加中!!
いつも応援ありがとうございます ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
先日、中学生から部活に入り試合の楽しさを覚え始めた子がいました。
小学生時代のゲームのやり過ぎ?ゲームのやりこみが功を奏してか?
普通なら試合に出ることさえも緊張してしまうのですが彼は試合の全てを楽しむことができるなかなかユニークで将来が楽しみな選手です。
先日本人から相談があり、試合に出たいどの試合に出ればいいかわからない、「コーチなんかある?」と尋ねてきました。
特にジュニアの大会はグレードや大会の規模は様々なのですが、よほどの大会でなければ強い子も弱い子も参加します。
これが結構、難しい。
大きく分けると下記の感じになります。
↑ITFジュニア ↑関東テニス協会 ↑JOPテニス ↑すくすくのっぽくん ↑地域の大会
しかしながら関東の大会に出てくる子たちでもJOPテニスやすくすくのっぽくん地域の大会等にエントリーします。

10年ほど前は関東テニス協会の大会に出るとは地域の大会等にはほとんど出ていませんでした。

いい意味では身近に出ることもできる試合が増えた、その反対の意味で言えば遠方にわざわざ出かけなくても近場の大会で競技することでレベルを上げようとしているのでしょう。

実際にポイントもつかない大会以外であれば、そんな遠くの大会まで出向かなくても近場にあれの方が試合後のフィードバックをするための練習なども1日で完結するため、このような利用の仕方が増えたのだと思います。

例えばテニスコーチが、自分を宣伝したい時に本当であればJOPの大会などに出るのですが、高い費用と時間をかけて、またレッスンなどを休むリスクを考えると、市民大会区民大会などに出て入賞したほうが効率的ですし、お客様にも伝わりやすいため、この方法を選ぶ人たちも多いです。 レベル的には(もちろん入賞するというのはどんな大会でも難しい、素晴らしいことです)前者…

選手はコーチ達の「チーム力」で育つ!

祝日レッスンはいつもとタイムスケジュールが若干異なるため、いろんな方とお会いできることができます。

特に本日は飯島&石田のコーチの実力を目の当たりにする1日でした。

第2の送球girlさんが、初心者ながらも、もうすでにラリーがしっかりできる基本ができてきていました! たったの半年間でこのクオリティーは言葉以上に洞察力のある2人がなせる技だと実感しました。

そしてテニスって一生懸命やっている人であれば初心者であろうが上級者だろうが、一緒にやっていて楽しい、気持ちいい、素晴らしい、共に色々な抽象空間を共有できるということを再確認しました。

加藤コーチの必殺技センタースルー⚡️も炸裂していましたね(笑)

「PR」人気ブログランキング実施中!!
https://blog.with2.net/link/?2009474
D-tennis市川浦安の応援よろしくお願いします
今日はアイシールド先輩と戦いましたが加藤コーチは惜敗!
決め手の逆クロスが当たり千金のスーパーボールとなりました。

テニスって形にこだわってしまうよりも、大まかな動作を自分の中で洗練した方が、しっかりと自分の形に合ったボールが打てるようになります。
スピンを打ちたい女性の方が、結構いらっしゃいますが、スイングスピードが落ちた(加速をしない)ストロークは上達を妨げます。 まずはヘッドスピードを加速させる方法を覚えるのが1番の近道です。
一昔前のゆっくりしたスイングの中で打つ、失速ロブのような遅いボールは現代のラケットであればすぐに、ブッ叩かれてしまいます。 先ずはスイングを速くすることを心がけましょう。
ジュニアの子がスライス気味にボールが当たっていたのに対して、加藤コーチと石田コーチは面白い見解で話をしていました。

◎まだ身長も低くて女の子だからラケットがしっかり出てこない ◎当たる瞬間に打点が近くなってスライスになってしまう
➡︎でも、根本的な打ち方がスライスになっている訳ではない ➡︎無理に矯正する必要はない ➡︎打点を前で取れれば身体の成長と共にしっかりと打てるようになる。
基本動作ができてきているから、あまりこの点は、過剰に心配しなくても良いと言う話をしていました。
基本的にスクールのコンセプトしては「育てる、育つ」スクールであること。

大人の方でも入会した時よりも今の方が上達されています。…