スキップしてメイン コンテンツに移動

人生を楽しくする3つのセンス

「責任感」と「義務感」と「使命感」


おはようございます!

大人になって行く上で、また大人になってからも、この3つがせめぎ合って他人と関わるの「社会」だと思います。


何故?大半の人が勉強して1つでも日本の中で良いと言われる大学に入ろうとするのか?
「社会人」・・・人として社会で生きる約束がされているからです。

でも、実際には上の3つが足りないと人と人の関わり合いは軽薄になり、浅いものとなってしまいます。

子供の頃から、これらを意識/無意識のうちにでも触れる機会があれば大人になってから自分探しの旅に出たりとか、引きこもりとか、パラサイトなどのレッテルを貼られる事はありません。

割と高卒から専門学校を志して手に職をつける人が業界の第一線で活躍している知人がいます。
学歴よりも「何を目指したいか」の志とそれに応じた取り組みが人生の分岐点に差し掛かった時に間違わずに選択へと導きます。



そう言った方達とお会いして感じたこと。
下記の3つの「感」が備わっていると言うことでした。

先ずは責任感!
これは与えられたことに対してきちんと物事を全うできるか。
例えば洗い物やお使いから始まり、レポート作成や資料を期日までに提出すると言った約束を守ることができるか。


次は義務感!
そもそもの語源とニュアンスが曖昧な部分はあるかもしれませんが、責任感とは与えられた仕事に対して少し全体のパイを見て俯瞰した責任感に変えられるかどうかによります。
例えば、商談の資料を作成する際に頼まれたままにやる事は当たり前なのですが、気になる箇所を指摘したり、資料ではなく商談そのものに対して服装や交渉相手の特徴、攻略などを考える視点を持つことができるか。
テニススクールだと、レッスンがあるとして、その前後の時間や空き時間にサービス業務において建設的な行動ができるかどうかにあります。
ガット張りにおいては納期と納期以前に起こり得る事態を予測して先手を打てるかどうか?つまり納期と他の事態を予測して少し早めに張り上げるか、ギリギリまで待つかなどの判断ができる点です。

また、例えばその事柄に置いて、1番責任を負うべき人は義務感が生じます。
しかしながら、責任者ではなく、その事象において2番目以降の人は頼まれたことに責任があったとしても、「提案」「助言」「進言」と言った形で同等の責任を負う人はあまりいません。
なぜならば、発言することで「責任」から「義務」へと転化するからです。
ただ言いたいことを言って無責任な輩は割といますが、見極めのポイントは与えられた仕事を全うできている人です。
義務として意識することができるため、大きな成長ができる可能性があります。

義務感はそのプロジェクトや物事での責任者ではない人がどれだけ責任者と同じ立場で考えることができるか?がポイントになります。

ジュニアの女の子で凄いなぁと思う子がいて、周りを凄く俯瞰できている。
もう、できる人気コーチの目線やん!✨って思う子もいます。
そういう子ってやはり、取り組み姿勢は圧巻です。
一事が万事と言いますが、なにかを全身全霊で取り組める子は色んな事を達観して、自分らしさを発見することが出来るのだと思います。

義務感を持つことができる子は将来は安泰です。


最後は使命感!
これはある程度、歳食って初めて「気づく」または「気づかされる」感覚です。
もう少し早くから意識していればもっと嫌なことにも取り組めたし、それを人生の糧にできたなどと嘆いてしまう場面も会話の中で見受けられます。
しかしながら、何かのために!誰かのために!
私の場合の大きな野望は世界のテニスの中心になる!とかでも良いでしょう。
しかしながら、礎としてどんな選手でも意欲のある子達は、また意欲がなさげに見えても感情表現が苦手なだけでくすぶっている人達を個々の取り組みに応じて、しっかりと技術を向上させる、テニスを楽しいと感じてもらう、人生の生き甲斐になる、事への取り組みを積み重ねる必要があります。

何かのために自分はここに存在する!
自分にしかできない自分にならできる何か?


責任感を俯瞰して義務感に、義務感を義務と感じない、超越した感覚、使命感!

小さなことからコツコツと!
お兄ちゃん/お姉ちゃんの立場の子が妹や弟がきちんとしないとって、面倒を見ようとするのもその1つです。
他人への簡単な声かけなどの気配り、心配りも同じですね。


勉強よりも大切なこと!

責任感→義務感→使命感💖

人気blogランキング参加中〜
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
応援いつもありがとうございます!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
おすすめ動画up!!
意図を深めてスクールテニスをenjoy クロスラリー編
https://youtu.be/nBJXqTIe-5M
【1分でわかる】ストロークミス改善のポイント
https://youtu.be/MnI0ANRmXQk

コメント

このブログの人気の投稿

テニスのためのエトセトラ🎾

今日はヨネックスさんの展示会でした。
この後浦安市のファッションリーダーと市川市のファッションリーダーでミーティングがある模様です❤️

https://blog.with2.net/link/?2009474 応援者募集中!!人気ブログランキング参加中
「1日1-Clickよろしくお願いします」

YONEXウエアー、新作モデルに興味がある方は是非とも牧野コーチにお問い合わせください❣️

1タイム目・・・
徹底的に基本のストローク
徹底的にダブルスの基本

打つ➡︎走る➡︎戻る➡︎構えるの繰り返し🔥

2タイム目・・・
徹底的にシングルスの基本動作
徹底的にラリー

3.4タイム目・・・ショット別(各40分)
一貫して球出し&ラリー
技術の基本を繰り返しました❣️

5タイム目・・・ジュニアイエロー1
トレーナーでもある石田コーチのテニスの基本動作をするためのメニューが盛りだくさん❣️
楽しみながら上達できるベテラン17年目の繊細かつダイナミックなレッスンは早々受けることができません❣️

6タイム目・・・ジュニアイエロー2
試合に出るために必要なもの、ことを個々に合わせてレクチャーしました。
少しラリーやテニスの本質が分かり始めて、各技術にも探究心が出始める子達のキモを抑えてレッスンをしました。
肩を回すための運動連鎖の練習方法はテニスを知っているトレーナーだからこその視点です。

7タイム目
・・・試合に出る子が多い本格イエロークラス
部活のレギュラー前後の子達が切磋琢磨したいます。今日はノーバウンドの球出し練習でスイングの的確さと運動連鎖の無駄のない伝え方をレクチャーしました。
合気道家でもあり、整体師としてプロ選手のコンディショニング経験を活かして個々の能力にアプローチしました。
馬跳びで骨がズレてた爽やか好少年くんの骨格リセットをしていました。


🗞市川浦安ニュース
⭕️石田&加藤d( ̄  ̄)ボディーメイク始めました
詳しくは館内POPをご覧ください
テニススクールではテニスの専門家でありながら異色のトレーナー&整体師があなたの健康寿命や筋肉年齢、骨密度をご希望に合わせてアップします❤️
※既に始まっているため空き時間は随時お問い合わせください
⭕️合宿9名/16名
※受付開始中ー
⭕️しんちゃんきちゃう?
市川浦安木曜日来襲〜
can't wait anymore(^人^)
どこのレッスンに来てくれるかな?



中学生以降からテニスの試合に出始めた子が劇的に強くなるための処方箋

試合っていろんな大会があって正直迷ってしまいますよね。
ジュニア時代から英才教育を受けている子は小学生の低学年または3年生4年生あたりから試合に出ていますが、多くの子たちは中学生、高校生から試合に出始めます。
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ https://blog.with2.net/link/?2009474 毎日1-Clickご協力お願いします
ブログランキング参加中!!
いつも応援ありがとうございます ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
先日、中学生から部活に入り試合の楽しさを覚え始めた子がいました。
小学生時代のゲームのやり過ぎ?ゲームのやりこみが功を奏してか?
普通なら試合に出ることさえも緊張してしまうのですが彼は試合の全てを楽しむことができるなかなかユニークで将来が楽しみな選手です。
先日本人から相談があり、試合に出たいどの試合に出ればいいかわからない、「コーチなんかある?」と尋ねてきました。
特にジュニアの大会はグレードや大会の規模は様々なのですが、よほどの大会でなければ強い子も弱い子も参加します。
これが結構、難しい。
大きく分けると下記の感じになります。
↑ITFジュニア ↑関東テニス協会 ↑JOPテニス ↑すくすくのっぽくん ↑地域の大会
しかしながら関東の大会に出てくる子たちでもJOPテニスやすくすくのっぽくん地域の大会等にエントリーします。

10年ほど前は関東テニス協会の大会に出るとは地域の大会等にはほとんど出ていませんでした。

いい意味では身近に出ることもできる試合が増えた、その反対の意味で言えば遠方にわざわざ出かけなくても近場の大会で競技することでレベルを上げようとしているのでしょう。

実際にポイントもつかない大会以外であれば、そんな遠くの大会まで出向かなくても近場にあれの方が試合後のフィードバックをするための練習なども1日で完結するため、このような利用の仕方が増えたのだと思います。

例えばテニスコーチが、自分を宣伝したい時に本当であればJOPの大会などに出るのですが、高い費用と時間をかけて、またレッスンなどを休むリスクを考えると、市民大会区民大会などに出て入賞したほうが効率的ですし、お客様にも伝わりやすいため、この方法を選ぶ人たちも多いです。 レベル的には(もちろん入賞するというのはどんな大会でも難しい、素晴らしいことです)前者…

第12回ロイヤルSCカップ

下川達也選手が準決勝でした!

D-tennisのパッチをつけてのすぐの大会でしたので、少し良い報告ができて良かったです。
勿論、世界ランキングを目指します。

平本社長、D-tennisのスタッフの皆様、いつもありがとうございます。