2019年9月11日水曜日

ボレーの掟〜本当の練習方法

i 罠 B wiθ U

愛 罠 be with  you?

本当の意味がわかる方、教えてください、笑


おはようございます!
テニスにおける平行陣のあるあるボレーミスを経験上、振り返って、考えてみました。


【ハイボレー】🎾
▲厚いあたりができる
◯角度がつけられる
◯ドロップが浮かずに打てる

【ローボレー】🎾
◯厚いあたりができる
◯同時にボールをいなせる
◯アングル/ドロップが浮かずに打てる
▲スライス回転がかけられる

【アプローチからのボレー】🎾
▲厚いあたりができる
◯ステップインして打てる
◯コースを隠す事ができる
▲ボールを浮かずに打つ事ができる
◯速めのローボレーが打てる


◯よりも▲が目立つ人は要グリップ改善。
よくある、ボレー打ててるつもり( ̄◇ ̄;)

☠️打球後にラケットヘッドが体の前に
☠️ローボレーになるとボールが浮く
☠️コースがよく読まれる


先ず、ローボレーの練習をしていても
▲知らず知らずにサービスラインの内側からスタートしている
▲ローボレーではなくミドルボレーで練習してしまっている
▲打球後のボールが浮いてることに気づいていない

アプローチの練習では
◎ボールを選んで
◎コースを考えて
◎しっかりスイングして

これらを意識せずに、ただただ初球で上がってきて平行陣になることを目的にしてしまっている☠️

大切なのは出るためのタイミングです。

平行陣からスタートすることはありません。
また、レベルが上がってくると飛んで火に入る夏の虫🔥

「形」を練習したがる傾向にあるのですが、フォーメーションにしてもショットにしても「形」になるまでの過程が大切です。

何故グリップが厚いと良くないのか?
相手にわからずに緩急をつけるためにどのようにボールを捉えているのか?
前に出ることよりも、前に出る球をどのようにつくるのか?


沈めようとして失速するボレーも改善の余地ありですが、勢い任せで厚いグリップでバックアウトも考えものです💧

でも、テニスって楽しい🎾💖

目的を明確にすることも大切ですが、目的自体を深く掘り下げて行くことも重要です。

本日も、皆様とテニスにどっぷり浸かりながら心地よさと奥深さの中でテニスの素敵な罠にハマって行きたいと思います❣️



人気blogランキング参加中〜

https://blog.with2.net/link/?2009474

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

応援いつもありがとうございます!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

おすすめ動画up!!

腕立て100回でサーブは速くなる?
https://youtu.be/4vF5QiOptZc

※速くなりました(本人比)

4カ月でサーブのスピードを上げられるか?その5
https://youtu.be/S4SEqhmTN1M

※こんな感じでトレーニング?しました?


個人によってメニューが変わることもあります!

お問い合わせは、加藤整体師か石田トレーナーまで^_^





人気blogランキング参加中〜

https://blog.with2.net/link/?2009474

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

応援いつもありがとうございます!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

おすすめ動画up!!

0 件のコメント:

コメントを投稿