2018年11月7日水曜日

テニス、それぞれのステップで必要なこと

大人も子供も【テニス人】(てにすびと/てにすじん)な今日この頃!

先ずは初中級/中級クラス!
ある程度ショットが形になってきたのでダブルスの動きを本能的にできるようにとボレーの動きに力を入れました。

ボレーの動きとは、形とかではなくタイミングの取り方です。
今日は攻めのボレーを恣意的にする練習でした。
飯島コーチのコート半面の反復練習は妙技!

その後の一面を使ったダブルス練習ではいつもよりお客様のボレーが冴え渡りました。

勿論、ストロークやサーブの練習も抜かりがありません!

お次の中級/中上級クラスはどんな事があっても決してレッスンを休まない絶倫男の浅野コーチ!
遠方から1時間程かけてご足労頂くお客様!
(いつもありがとうございます!)
しっかりしたラリーの応酬が繰り広げられます。
試合で培った悔しい思いを工夫した実践的な大満足の90分でした。

J1でも浅野コーチのカリスマ性が光ります!
元気元気なジュニア達が個性を出して共鳴します!

平成の習い事って、個々の個性をぶつけて昇華するのが1番身になります。

J2クラスは年頃女の子達が開始前から自主練!
コーチにもさりげなくやりたいことをアピールします。
お年頃って、上手く自己表現できないように見えて、さりげなく伝えてくるから、加藤コーチも見落とさないように必死です。
彼女達のお父さんくらいの歳ですからね、笑
週一で60分でも半年経てばサーブからポイントはできるようになります。

「外からみた一生懸命さ」よりも「内に秘めたさりげない一生懸命さ」が将来の財産になります。

最後のJSクラス。
良いラリーができるようになりましたね。
雑談しながらも、球拾いは速く、ONとOFFがしっかりしています。
急成長中の週一の子がついに、胸中を語ってくれました。「実は寝る前にYouTubeでテニスの動画を見ているの」と。

これには加藤コーチは大喜び。
例え週一でも無駄なく努力することは後のテニスの機会が増えた時の大きな布石となります。

▶︎ストロークの足の運び方
▶︎シングルスのボレーのポイント練習

感覚に特化した技術指導をおこないました。


各レベルと各々の個性など、色んな要素でテニスが変わってきます。


今日のテニスも思い出いっぱい!充実したものでした!





0 件のコメント:

コメントを投稿