2017年11月12日日曜日

積極的にイエローボールを使います

市川浦安校ではプレイ&ステイのボールを採用しつつも、クラスのレベルに応じて「イエローボール」をなるべく早くから使用します。

僕が海外のアカデミーのレッスンを見て感じたこと、それは「最終的なゴール」が明確なことです。

例えば、日本のスクールの殆どがプレイ&ステイではコートを横に使いミニネットで仕切る。
クラスごとのレベルに合わせたボールしか使えないケースが多くあります。

しかしながら、少しでも打てる可能性があれば1つ上、2つ上のボールを使用した方が「感覚」が良くなります。

また、海外では敷地も広いこともありますがコートをせこく使うことはありません。
殆どが専用コートや通常サイズのコートを縦に使用します。

最終的な目標は一面をイメージしたサービスやレシーブからのラリーであるためこれはコーチの良し悪しも大切ですが、感覚機能を磨く点ではそれよりも重要になってきます。

趣味で始めるお子様のテニスですが、ボールの使える種類とコートの基準は参考にしてください(^^)v

0 件のコメント:

コメントを投稿