スキップしてメイン コンテンツに移動

レッスンと練習と試合をフル活用


試合との付き合い方…

試合で勝つと英雄!!負けると戦犯…

試合に負けて、それまでの練習や全てを否定されたような感覚に襲われたことのある人もいると思います。

試合は「今現状のBetterかBest」が出せればOK、ポイントが取れれば良し失点すると悪し、
ポイントの取り方やミスの仕方を振り返ることはあまりないかもしれません。

けれど、試合に勝つためにはこの振り返りがやっぱり大切です。
では、どのような点をどのように振り返るのか、今日はそれを書いてみたいと思います。

①技術力
自分が練習と同じフットワークやラケットワーク、スイングワークになっているのかどうか?
いつもより振れていないのに相手が強いとか、何でも返される、
ダブルスでロブにやられる、シングルスでつなげられない…
と後悔する前に、客観的に技術の見直しをしてみましょう。
主観的かつ技術的な改善点を見つけると次につながります。

②ポイントパターン
自分の得意な取り方ができているかどうか?
自分のペースでポイントをとれているかどうか?
いつもの得意なパターンをまたは練習しているパターンが実践できているかどうかを振り返ります。

③ゲーム取得パターン
ゲームをとるパターンを自分の中で確立できているかどうか?
②の積み重ねでできあがるパターンを自分の中できちんと取得できているかどうかです。
例えば1stサーブがしっかりイメージ出来て入る時は取りやすい、
バックハンドからだとゲームが組み立てやすい、とか。
15-0のあと、リターンエースがとりやすく、次のポイントになる、
0-30でもサーブで攻めれば意外と逆転できている、とか。
ゲームがとれるパターンをいくつか持っていると、
要所要所で冷静に対応できるようになります。

④セットパターン
草大会や区民大会では6ゲーム先取や1セットマッチが多いため直接的に勝利パターンになります。
当然ですが、③を積み重ねつつ、取って取られての攻防の末、「6」ゲーム目を取ることができると勝ちます。
つまり、勝つためには②の積み重ねが③を生み出し、③の積み重ねが勝利につながります。
例えゲームを先行されていても「流れ」が自分側にあれば0-3、1-4、ひょっとしたら2-5でも逆転できる可能性はあります。
なので、②③を積み重ねていきつつ、最終的には自分の得意なスコアの流れを意識できると良いでしょう。
いつも追い上げられがちな人や競りがちなプレーヤーは
②と③のどちらかを見直して行くと案外簡単に勝てるようになります。

⑤相手と自分の相性やパターン
試合経験や色んな人とテニスをすることで得ることのできる経験値です。
例えば、自分からゲームを展開するのが得意な人もいれば、
敢えて相手を前に出すことでゲームを優位に運べる人もいます。
自分と相手の傾向を掴み、試合展開を予想、
事前にゲームの組み立て方を想定できると試合に勝ちやすくなります。

⑥レッスンで技術や思い切りの良さを磨く
①~⑤を実践する前の、当たり前の準備です(笑)。
ある程度試合に出ていると同じレベル前後の試合では「勝ち方」が身につくようになります。
さらに上のステップに行くためには「正しい技術」「正しい体の使い方」を常にブラッシュアップしていく必要が当然あります。

「常に」というのが大切です。
「このレベルで勝てるようになったら次に…」と思っていると、
その間にも「変な癖」がついてしまい矯正に時間がかかってしまうことが多いです。
どのレベルを目指すのか…というのは、多くの指導者が悩む点でもありますが、
「伸び悩む」とか「壁にぶち当たる」とか言うのは、諦観ではないかというのが私の考え方です。

他方、練習は上手くいくのに試合で上手くいかないと言う人は猪突猛進でボレーに突っ込みすぎ、練習でのポイントの意識が希薄。
ラリーではコーチの出すボールが打ちやすいところに送ってくれている事に気づいていない、
予定調和的に送られたボールをコントロールや技術を無視してただ思い切り打つだけ、など。


ストレス発散じゃなくて、ストレスが逆に貯まる!という方もいらっしゃるかもしれませんが(笑)、
試合を上手く活用して、テニスという競技の技術を高める楽しさを体感してみてはいかがでしょうか?

世界を目指すガチレッスン
https://youtu.be/8mWOLGfp_3g

人気ブログランキング参加中





コメント

このブログの人気の投稿

テニスのためのエトセトラ🎾

今日はヨネックスさんの展示会でした。
この後浦安市のファッションリーダーと市川市のファッションリーダーでミーティングがある模様です❤️

https://blog.with2.net/link/?2009474 応援者募集中!!人気ブログランキング参加中
「1日1-Clickよろしくお願いします」

YONEXウエアー、新作モデルに興味がある方は是非とも牧野コーチにお問い合わせください❣️

1タイム目・・・
徹底的に基本のストローク
徹底的にダブルスの基本

打つ➡︎走る➡︎戻る➡︎構えるの繰り返し🔥

2タイム目・・・
徹底的にシングルスの基本動作
徹底的にラリー

3.4タイム目・・・ショット別(各40分)
一貫して球出し&ラリー
技術の基本を繰り返しました❣️

5タイム目・・・ジュニアイエロー1
トレーナーでもある石田コーチのテニスの基本動作をするためのメニューが盛りだくさん❣️
楽しみながら上達できるベテラン17年目の繊細かつダイナミックなレッスンは早々受けることができません❣️

6タイム目・・・ジュニアイエロー2
試合に出るために必要なもの、ことを個々に合わせてレクチャーしました。
少しラリーやテニスの本質が分かり始めて、各技術にも探究心が出始める子達のキモを抑えてレッスンをしました。
肩を回すための運動連鎖の練習方法はテニスを知っているトレーナーだからこその視点です。

7タイム目
・・・試合に出る子が多い本格イエロークラス
部活のレギュラー前後の子達が切磋琢磨したいます。今日はノーバウンドの球出し練習でスイングの的確さと運動連鎖の無駄のない伝え方をレクチャーしました。
合気道家でもあり、整体師としてプロ選手のコンディショニング経験を活かして個々の能力にアプローチしました。
馬跳びで骨がズレてた爽やか好少年くんの骨格リセットをしていました。


🗞市川浦安ニュース
⭕️石田&加藤d( ̄  ̄)ボディーメイク始めました
詳しくは館内POPをご覧ください
テニススクールではテニスの専門家でありながら異色のトレーナー&整体師があなたの健康寿命や筋肉年齢、骨密度をご希望に合わせてアップします❤️
※既に始まっているため空き時間は随時お問い合わせください
⭕️合宿9名/16名
※受付開始中ー
⭕️しんちゃんきちゃう?
市川浦安木曜日来襲〜
can't wait anymore(^人^)
どこのレッスンに来てくれるかな?



中学生以降からテニスの試合に出始めた子が劇的に強くなるための処方箋

試合っていろんな大会があって正直迷ってしまいますよね。
ジュニア時代から英才教育を受けている子は小学生の低学年または3年生4年生あたりから試合に出ていますが、多くの子たちは中学生、高校生から試合に出始めます。
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ https://blog.with2.net/link/?2009474 毎日1-Clickご協力お願いします
ブログランキング参加中!!
いつも応援ありがとうございます ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
先日、中学生から部活に入り試合の楽しさを覚え始めた子がいました。
小学生時代のゲームのやり過ぎ?ゲームのやりこみが功を奏してか?
普通なら試合に出ることさえも緊張してしまうのですが彼は試合の全てを楽しむことができるなかなかユニークで将来が楽しみな選手です。
先日本人から相談があり、試合に出たいどの試合に出ればいいかわからない、「コーチなんかある?」と尋ねてきました。
特にジュニアの大会はグレードや大会の規模は様々なのですが、よほどの大会でなければ強い子も弱い子も参加します。
これが結構、難しい。
大きく分けると下記の感じになります。
↑ITFジュニア ↑関東テニス協会 ↑JOPテニス ↑すくすくのっぽくん ↑地域の大会
しかしながら関東の大会に出てくる子たちでもJOPテニスやすくすくのっぽくん地域の大会等にエントリーします。

10年ほど前は関東テニス協会の大会に出るとは地域の大会等にはほとんど出ていませんでした。

いい意味では身近に出ることもできる試合が増えた、その反対の意味で言えば遠方にわざわざ出かけなくても近場の大会で競技することでレベルを上げようとしているのでしょう。

実際にポイントもつかない大会以外であれば、そんな遠くの大会まで出向かなくても近場にあれの方が試合後のフィードバックをするための練習なども1日で完結するため、このような利用の仕方が増えたのだと思います。

例えばテニスコーチが、自分を宣伝したい時に本当であればJOPの大会などに出るのですが、高い費用と時間をかけて、またレッスンなどを休むリスクを考えると、市民大会区民大会などに出て入賞したほうが効率的ですし、お客様にも伝わりやすいため、この方法を選ぶ人たちも多いです。 レベル的には(もちろん入賞するというのはどんな大会でも難しい、素晴らしいことです)前者…

第12回ロイヤルSCカップ

下川達也選手が準決勝でした!

D-tennisのパッチをつけてのすぐの大会でしたので、少し良い報告ができて良かったです。
勿論、世界ランキングを目指します。

平本社長、D-tennisのスタッフの皆様、いつもありがとうございます。