2020年3月24日火曜日

どうすればプロにすることができるのか?

テニス道が大好きで、ずっとこのスポーツを続けていきたい、この道を極めたいと思った時にどのような行動をとるか?

もちろん最終的には「勝つことができなければ」プロになる事はできません。

日本国内においてジュニア時代の成績はスポンサー獲得や将来の可能性の有無を決定づける判断材料になりますが、それでも夢をあきらめ切れない人たちはいます。

日本には貴族制度がないため大富豪と呼ばれる人たちが表向きに存在する事はありません。

ですから、企業や、基金等で募る事になります。

けれども、そんな簡単な話ではありません。

誰も戦績の出てない選手など見向きもしませんし、手っ取り早くお金を集められるなんて虫のいい話です、でもやはりそれでもサポートしたい選手、おそらく将来的に、この選手が有名になってくれればもっともっとテニスに対する可能性を見出すことができるのではないか?

勝ちを強いられたがために、嘘をついてイモジャッジをしてしまったり、1つ勝てば将来が好転した試合で、苦渋を舐めたり、人生は選択肢の連続ですが、その地点では自分にはどうすることもできない選択肢を選ばざるを得ない状況が出てきます。

私の周りには多くの志しの高い仲間がいます。

もちろん自分が初めから見出した選手でない場合もあります。

でも、コートマナーが良い、相手と競うように自分自身と競う、話してみると気さくで、少しコート上と反比例して自信なさげだったり、謙虚すぎる位だったりする子は案外たくさんいます。

できるだけ、中堅層の選手たちがどのような過程を歩んでいるのかと言うことをYouTubeでアップさせていただくことを始めました。

もちろんアドリブなしで、練習の中にズケズケと立ち入って撮影しています(笑)

特別なことなど何もない、ただひたすら目的を持って練習を繰り返す、志だけは高く、今回は無名から全日本選手権まで上り詰めた、吉川選手も登場してくれています。

よろしければご視聴ください!
また、彼にもイベントをしていただく話を取り付けています。
そして、なんと世界のテニス界を席巻している平沢潤氏のCalifornia ITAとこの度、業務提携を結ぶこととなりました。

簡単に言えば、楽天オープンや東レなどのマネジメント、デビスカップの通訳兼アテンドなどをされています。
炎の体育会TVにもテニスのディレクターとして参加されていたり、その活躍は華々しいものです。
ヨネックス時代にはレイトン・ヒューイットやマルチナ・ヒンギスといった世界ナンバーワンになった選手を無名の時代にスカウトされた実績を持たれています。
空港で、ロジャーフェデラーに声をかけたりと、実はかなり陰でテニスを支えていらっしゃる縁の下の力持ち的存在でもあります。

プロフェッショナル仕事の流儀や情熱大陸に入れていてもおかしくないと私は思います。

そんな彼が、新規で試合専門テニスコートを立ち上げでお話をしたときに彼の冠名で試合をすることを容認してくださいました。

さらには、2年か1年に1度イベントも開催することを約束してくださいました。

また、実はコナミテニススクールのナンバーワン支配人、ゼロから事業を立ち上げ数店舗のテニススクールを軌道に乗せた支配人、大手テニススクールで全国大会レベルの選手を輩出してきた名ヘッドコーチ、様々な方が私の夢に賛同してくださることになりました。

身近に試合ができる環境、身近にテニスができる環境、新しく違う角度から垣根を取り除いたテニス版ディズニーワールドを創造していきたいと思います!

あ、実業団東京都のチャンピオンand区民大会のチャンピオンでありながら、超一流企業のエリートサラリーマンもご意見番となってくれています(笑)
現在婚活中です(笑)

数多の方にご協力いただけることを心より感謝いたします。


「試合サイト」

「世界を目指すガチレッスン2」
https://youtu.be/duKva8Evx_Y

ぜひとも、平沢潤さん検索してみて下さい!


テニスが好きでたまらないすべての人のサポートを差し上げます!

https://blog.with2.net/link/?2009474

人気ブログランキング参加中




.

0 件のコメント:

コメントを投稿